1878(明治11年)年10月 創設者の来阪

  • A.D.ヘール(Rev.Alexander Durhum Hail)が、米国カンバーランド長老教会の宣教師として来阪、一年前に来阪していた弟J.B.ヘール(Rev.John Baxter Hail)と協力してキリスト教伝道を開始。

1884(明治17)年1月 「ウヰルミナ女学校」開校

  • 大阪府西区の川口外国人居留地にて、ウヰルミナ女学校(Wilmina Girls’ School、維耳美那女学校)が、カンバーランド長老教会のミッションスクールとして1月7日に開校。創設者は外国宣教局の教育事業責任者A.D.ヘール宣教師。校長は前年5月着任の教育宣教師A.M.ドレナン(Mrs.America Missouri Drennan)。生徒数は3名。

1886(明治19)年9月 「大阪一致女学校」開校

  • もう一つのルーツである大阪一致女学校が、米国北長老教会のミッションスクールとして、川口外国人居留地に開校。創設者・校長は教育宣教師のA.E.ガーヴィン(Miss A.E.Garvin)。生徒数は14名。

1888(明治21)年1月 現在の玉造校地の始め

  • 大阪一致女学校が西成郡清堀村(現在の校地)に移転。〔校地の変遷〕参照

1892(明治25)年4月

  • 大阪一致女学校は浪華(なにわ)女学校と改称。

1899(明治32)年8月 文部省「訓令12号」発令

  • 文部省は訓令12号を発令し、法令による学校においては特定の宗教に基づく教育を禁止。ウヰルミナ女学校、浪華女学校はともに上級学校への入学資格を失うが、キリスト教教育を堅持。

1904(明治37)年4月 ウヰルミナ女学校と浪華女学校の合併

  • 校地・校舎は浪華女学校のものを用いることとなり、ウヰルミナ女学校は川口居留地から移転。校名はウヰルミナ女学校を継承。校長にはウヰルミナ女学校の校長A・E・モルガン(Miss Agnes E・Morgan)が就任。本科の修業年限は5年、生徒数は150余名。

1907(明治40)年3月

  • ウヰルミナ女学校と浪華女学校の合併により、同窓会も連合して、ウヰルミナ女学校としての第1回同窓会が開催された。

1909(明治42)年11月

  • 創立25周年記念祝会を開催。

1912(明治45)年3月

  • 文部省告示91号により文部省指定ウヰルミナ女学校となる。〔校名の由来〕参照

1914(大正3)年

  • 3月 創立30周年記念祝会を開催。
  • 12月 理事会が組織され、カンバーランド長老教会外国宣教局(ミッションボード)から経営権を移譲。

1924(大正13)年9月

  • 大阪YWCAに、大阪基督教女子青年学院夜間女学部が各種学校として開校。
    (のちの大阪女学院第二高等学校)〔もう一つの学校〕参照

1927(昭和2)年9月

  • ウヰルミナ女学校本科をウヰルミナ女学校高等女学部と改称。〔校名の由来〕参照

1936(昭和11)年4月

  • ウヰルミナ女学校高等女学部専攻科(家庭科)を開設。

1937(昭和12)年6月

  • 扇町夜間女学校(大阪基督教女子青年学院夜間女学部)が、日本で最初の文部大臣指定認可の夜間女学校となる。

1938(昭和13)年4月

  • 財団法人ウヰルミナ女学校認可。経営権のみならず財産も宣教師社団から財団法人に移る。


 

1940(昭和15)年10月 「ウヰルミナ」の名を「大阪女学院」に

  • ウヰルミナ女学校高等女学部を、「大阪女学院高等女学部」と改称。校名変更記念式が行われた。〔校名の由来〕参照

1941(昭和16)年1月

  • 財団法人名を大阪女学院と変更。

1944(昭和19)年

  • 3月 扇町夜間女学校が高等女学校令により「恵星高等女学校」と改名する。
  • 4月 大阪女学院高等女学部は中等学校令により「大阪女学院高等女学校」となる。

1945(昭和20)年6月 戦災で校舎を焼失

  • アメリカ軍の飛行機(B29)の爆撃で学校は全焼した。
    移転も考えられたが、現在地で復興することを決定。〔復興物語〕参照

1947(昭和22)年4月

  • 戦後の新学制により大阪女学院中学校が発足。

1948(昭和23)年4月

  • 戦後の新学制により大阪女学院高等学校が発足。同様に、恵星高等女学校は恵星女子高等学校となる。

1951(昭和26)年3月

  • 財団法人大阪女学院が学校法人大阪女学院となる。
    この年には校地も大きく拡張することができた。〔校地の変遷〕参照

1954(昭和29)年11月

  • 創立70周年記念式典を挙行。

1956(昭和31)年4月

  • 戦時中一時閉鎖されていたウヰルミナ女学校専攻部(家庭科)が、大阪女学院高等学校専攻科(家庭科)として再開。

1958(昭和33)年4月

  • 学校法人恵星女子学園は大阪女学院に合併し、恵星女子高等学校は大阪女学院第二高等学校となる。

1959(昭和34)年10月

  • 創立75周年記念式典を挙行。

1963(昭和38)年4月

  • 大阪女学院高等学校専攻科(英語科)を開設。

1964(昭和39)年

  • 1月 社会人のための大阪女学院英語会話学院を開設。
  • 10月 創立80周年記念式典を挙行。

1968(昭和43)年4月 「大阪女学院短期大学」が開学

  • 大阪女学院短期大学(英語科)が開学。第1期生107名入学。

1969(昭和44)年

  • 3月 大阪女学院高等学校専攻科(英語科)廃止。
  • 4月 学院創立85周年記念式典を挙行。

1970(昭和45)年

  • 大阪女学院第二高等学校を次年度から募集停止にすることを決定。

1972(昭和47)年4月

  • 短期大学が英語専攻科(修業年限1年)を開設。

1973(昭和48)年3月

  • 大阪女学院高等学校専攻科(家庭科)が廃止される。

1974(昭和49)年10月

  • 学院創立90周年記念式典を挙行。

1978(昭和53)年11月

  • 学院創立95周年記念式典および短期大学開学10周年記念式典を挙行。

1984(昭和59)年11月

  • 学院創立100周年記念式典を挙行。

1987(昭和62)年11月

  • 短期大学開学20周年記念式典を挙行。

1994(平成6)年11月

  • 学院創立110周年記念式典を挙行。

1998(平成10)年11月

  • 短期大学開学30周年記念式典を挙行。

2003(平成15)年

  • 高等学校英語科が文部科学省によるスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHI)の指定を受ける。
    〔高等学校の英語教育〕参照
  • 短期大学が文部科学省による特色ある大学教育支援プログラム(GP)に選定される。
    〔短期大学のGP〕参照

2004(平成16)年4月 「大阪女学院大学」が開学

  • 大阪女学院大学(国際・英語学部)開学。第1期生163名入学。

2005(平成17)年

  • 短期大学英語専攻科を募集停止。
  • 短期大学が財団法人短期大学基準協会による第三者評価の結果、適格と認定される。

2007(平成19)年

  • 大学が文部科学省による特色ある大学教育支援プログラム(GP)に選定される。
    〔大学のGP〕参照

2009(平成21)年

  • 4月 大阪女学院大学大学院21世紀国際共生研究科平和・人権システム専攻博士課程前期・後期を同時開設。
       大阪女学院大学国際共生研究所を開設。
  • 10月 学院創立125周年記念式典を挙行。