2016年6月18日(土)に Wilmina会(教育後援会)の総会が、大学・短期大学
のウヰルミナホールで行われ、役員会の皆さんや同窓生などあわせて38名
出席しました。

司会者: 廣澤幸男さん、奏楽者: 青木愛さん




(西村耕会長からのごあいさつ)


会計担当の葛西隆司さんからは、2015年度の活動状況と会計報告があり
ました。


 「2015年度は、収入は個人・法人会員あわせて959件、426万円の会費が
集まり、前年度の繰越金を加えて、学院食堂のテーブルと椅子一式のほか、
チャペルのスポット照明一式と 「大阪女学院の歌」 編曲用譜面を購入する
ことができました。収入から支出を差し引いた残高は、約200万円のマイナス
になりましたが、この不足額については2016年度の会費で充当させていた
だくことになります。」

会計報告を受けて、監事の大下沍子さんと川岸清さんから適正に処理され
ているとの監査報告がありました。



(総会の様子)

新役員として虎間庸介さん(玉友会会長)の紹介があり、出席者に自己紹介
をしていただきました。中には、90歳を超える同窓生や、80歳を超えてから
大学に入学し卒業された方にもご出席いただきましたが、大阪女学院に対
する熱い想いを感じました。



(自己紹介の様子)

生徒・学生の発表では、中高の文化祭のファイナルイベントで流した映像は
非公開の「マル秘映像」ということで、ふだん見ることが出来ない先生方の
パフォーマンスや表情に、皆さん興味津々で見入っていました。

大学・短大からは、聖歌隊6名による「花は咲く」と「君は愛されるため生まれ
た」 を奏楽者のピアノにあわせて歌っていただきました。美しいハーモニーの
歌声に心洗われるひとときとなりました。その後、参加者も加わって一同で
「大阪女学院の歌」を歌いました。





(大学・短大の聖歌隊)

最後に、Wilmina会のテーマ曲にもなっている
讃美歌  「ちいさなかごに」 と
  「われをもすくいし」  を歌った後、  錦織一郎さんの閉会の挨拶とお祈りで
閉会しました。




(中庭にて記念撮影)

来年度の総会では、さらにより多くのWilmina会員の皆さまに集っていただけ
ますことを願っております。

引き続きWilmina会にご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げ
ます。 以上、感謝をもって報告いたします。





* * * * * * * * * * * * * 2016年度の会費の使途について * * * * * * * * * * * * * * *

学院食堂のテーブル・椅子の不足分(約200万円)については、2016年度の
会費から充当し、残りの会費については、次回の役員会(10月開催)で使途
を決定したいと考えています。 生徒・学生の施設整備等のために有効活用
し、喜んでいただけるものを検討いたします。




次回のWilmina会員の皆さまとの集まりは、12月3日(土)に「クリスマスの集い」
を予定しています。昨年に引き続いて、リニューアルして美しくなった学院食堂で
行います。