授業サポートとiPad収録

カテゴリー: スマートキャンパス通信, 学修・教育の方法, 学修・教育・研究開発

「情報の理解と活用」の授業サポートに入っている、芦谷 愛です。

サポート内容は、主に学生の質問に答えることで、特に論文作成に対するアドバイスを行っています。
大阪女学院では、学生がプレゼンテーションを行う機会が多くあります。今回は、各自が所有しているiPadのapp「カメラ」を使い、クラス内の学生同士で協力し合って、プレゼンテーションを収録しました。
収録の方法としては、手で持つ方法と、三脚を使う方法の2種類がありますが、今回はすべてのサイズのiPadに対応できる三脚を使用しました。収録した映像は、学生の成長を残すことのできるportfolio OJLに載せ、科目担当者やアドバイザーと共有し、閲覧が可能です。自分のプレゼンテーションを各自のiPadで収録し、発表している姿を振り返えることにより、プレゼンテーションの質を高め、次の機会に生かしていけることでしょう。
またportfolio OJLには、情報の理解と活用の授業で作成した、アウトラインや最終論文など様々なものを掲載しています。個人で活用するならば、日記を書いたり自分の目標や達成したものを記録しておくことで、就職活動の際などに自分が何をやりたいのかのヒントとなることが期待されます。
今回初めて授業のサポートに入らせて頂いたのですが、学生に教えるというよりも、自分自身が色々なことを学ばせてもらいました。また、PCなどの電子機器を使う授業では、得意な学生とそうでない学生で差が生じやすいのですが、サポーターがいることでその差を埋めることができたのではないかと感じています。

(芦谷 愛)