資料請求

出席および成績情報

出欠の取扱い

本学では、出欠データを学生証のカードリーダーによる読込み、出席カードの提出、または点呼により管理しています。

学生はWebサイトで出欠状況を確認し、もし授業に出席していながら入出データがなく欠席表記となっている場合は、

後日、出席が証明された場合に限り、データを修正することができます。

1. 20分を超える遅刻および早退は欠席とみなし、遅刻と早退の3回をもって1講時分の欠席として扱います。

2. 開講予定時間数の1/3を超えて欠席した場合は、その授業科目の評価資格を失い、単位を修得できません。(*1)

3. いかなる理由であれ授業を受けていなければ欠席として扱います。(*2)

ただし、評価資格を失う対象者の欠席理由が次のいずれかに該当する場合は、当該欠席時間数を欠席総時間数から引き去り、評価資格を再判定します。

-インフルエンザなど学校保健安全法等の出校停止による欠席

-本学が認める実習やプログラム等への参加による欠席

-忌引き(1親等の場合は連続7日、2親等の場合は連続3日の範囲内とし、いずれの場合も休日も1日として算入する。)

-非常変災や交通機関の重大事故などで多数の学生が通学困難な状況に陥った場合に、欠席の扱いについて適切な対応を学長が認めた場合

なお、表記内容について次の通りです。右上の年間出席率は、学期ごとではなく春・秋学期を通した年間の出席率で表示しています。

○-出席、 欠-欠席、 遅-遅刻、 早-早退、 休-休講

(*1) 一部の授業科目において、その理由が相当と認められる場合には評価資格を問わないことがある。
(*2) Wilmina Spirit Scholarshipの判定に際しては、申し出により電車延着等のやむを得ない事情と判断した場合は、欠席回数を考慮します。

 

成績情報

1.「評価」表記について

  合 格  A: 100点-80点  B: 79点-70点  C:69点-60点  P:Pass

  不合格  F:60点未満    評不・試欠: 出席日数不足、学期末試験欠席、レポート未提出

  その他  履: 集中科目などで現時点において評点がでていない科目です。該当者には開講後に改めてお知らせします。

 

2.修得単位数の基準について

各年次終了時の修得単位数の基準は、以下の表となります。

  1年次末 2年次末 3年次末 4年次末
大学 33.5~44 70~80 100~110 124以上
短期大学 36.5~43 62以上

 

3.「GPA(Grade Point Average)」表記について

GPA(Grade Point Average)は、履修指導を目的としたもので、これまで修得した成績(単位)の平均値です。算出方法は以下のとおりです。 

Σ((TS-50)/10 × 単位数)/ 総単位数(※ TS: 各科目の評点<100点満点>)

※修得した全ての科目が100点の場合GPAは5.0に、全て60点だった場合は1.0となります

 

≫キャンパスマジック(出席・成績情報)

Scroll To Top