資料請求

沿革

1884(明治17)年1月7日「ウヰルミナ女学校」開校

大阪女学院のルーツであるウヰルミナ女学校(Wilmina Girls’School、維耳美那女学校)が、米国カンバーランド長老教会外国宣教局(mission)のミッションスクールとして創設された。
創設者は外国宣教局の教育事業責任者A.D.ヘール(Alexander D.Hail)宣教師で、弟のJ.B.ヘール宣教師と協力して大阪市西区にあった川口外国人居留地19番Aとその隣接地22番(計約370坪)で開校した。
校名は最初の寄付者 William Saunders のWilと、その妻 Ermina の mina を組合わせ、「ウヰルミナ女学校」と名付けた。
wilmina_gs

1886(明治19)年9月初旬「大阪一致女学校」開校

大阪女学院のいまひとつのルーツである大阪一致女学校が、米国北長老教会宣教局のミッションスクールとして、教育宣教師のAnn E.Garvin校長を創設者として、川口外国人居留地16番(258.5坪)の宣教師館で開校した。
校名は、宣教局が大阪で創設した教会を一致教会と称したので、「大阪一致女学校」と名付けられた。
翌1887(明治20)年1月に西区土佐堀3丁目の旅館を借り、改装してそこに移転し、さらに1888(明治21)年1月には西成群清堀村(現在の校地で、地名は幾度か変更した)に土地約2,400坪を購入し、校舎を新築して移った。

1892(明治25)年4月1日 大阪一致女学校の校名を「浪華女学校」と改称

1899(明治32)年8月3日 文部省「訓令12号」発令

文部省は、訓令12号を発令し、法令による学校においては特定の宗教に基づいて教育を行うことを禁止した。
ウヰルミナ女学校、浪華女学校はともに上級学校への入学資格を失う不利のなか、しかし建学の精神を守り、毎日礼拝を続け、キリスト教教育を続けた。
そのため、1889(明治22)年頃から始まった反外国人キャンペーンとも重なって両校の入学者が激減したが、その後、その風潮もゆるみ、1903(明治36)年からは、生徒数は増加していった。

1904(明治37)年4月1日 ウヰルミナ女学校と浪華女学校が合併

wilmina_naniwaウヰルミナ女学校の関係教会であるカンバーランド長老教会と、浪華女学校の関係教会である日本基督教会が1889(明治22)年10月に合同した。
そこで同じ教育方針を持つ大阪の二つの学校を合併し、校名は「ウヰルミナ女学校」を継承、校地校舎は浪華女学校に統合した。
1939(昭和14)年からの皇民化政策で、異民族の人々に日本風の名前を用いる創氏改名を迫った政府が、外国人の名前に由来する校名の変更を強制することが必至となり、やむなく校名を大阪女学院高等女学部と改称した。

1947(昭和22)年4月 学制改革で「大阪女学院中学校」設置。

1948(昭和23)年4月「大阪女学院高等学校」設置。

1968(昭和43)年4月「大阪女学院短期大学英語科」開学

きめ細かい、水準の高い教育をめざし、珠玉のような短期大学をつくろうとの決意のもとに、英語科として107人の第1期生を迎えてスタートした。
さらに、1972(昭和47)年には、「大阪女学院短期大学英語専攻科」を設置した。

2003(平成15)年秋、短期大学「特色ある大学教育支援プログラム」に採択

英語教育と教養教育を統合した大阪女学院短期大学の教育課程が評価され、文部科学省による第1回「特色ある大学教育支援プログラム(GP=Good Practice)に選定された。

2003(平成15)年秋、高等学校「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」に指定

これまでの英語教育の実績が認められ、文部科学省から、「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)に指定された。

2004(平成16)年4月 「大阪女学院大学 国際・英語学部」開学

多くの関係者の祈りが実り、現在の敷地内に大学開学の夢が実現した。
一世紀を越えて、追い求めてきた教育の理想、その再創造に向けて新たな一歩を踏み出した。

2005(平成17)年3月短期大学基準協会による第三者評価結果、「適格」と認定

財団法人短期大学基準協会が定める短期大学評価基準を充たしていることから、適格と認められた。

2009(平成21)年4月大阪女学院大学大学院「21世紀国際共生研究科」開設

平和・人権システム専攻博士前期・後期課程を同時開設。

Scroll To Top