資料請求

編入学について

1.編入学サポート体制について

本学の編入学サポート体制は学生に編入学する意味や志望動機を明確にさせることを中心に据えて随時ガイダンスや個人面談を行っています。具体的なスケジュールと内容は別表のとおりです。ややもすれば、編入学することを目的にしがちですが、いうまでもなく編入学すること自体が目的にはなりません。その先にある目標を明らかにしておくことが重要であり、そうすることが、後半2年間の大学生活を実りあるものにする土台となります。その準備として次の1~4を考えるポイントとして挙げています。

  1. なぜ、編入をするのか。(就職や留学または専門学校などの他の進路ではなく、なぜ編入学なのか。)
  2. 学びたい学問領域とその理由。
  3. 学びたい大学・学部とその理由。
  4. 四年制大学卒業後の進路について。

学生は興味関心のある学問領域に関連する参考文献を読み、教員による個人面談等を通じて、自分の考えを深め、専門分野を決めていきます。その上で志望大学・学部・学科を選び、受験の準備をすすめていくことになります。

編入学ガイダンス

1年次ガイダンス内容(年によって多少変更します)
4月 編入学試験までの流れ
大学検索の仕方
個別面談について
5月〜6月 個別面談
7月 専門分野の入門書紹介 
夏休みの学習について
8月 先輩の体験談①
9月 秋学期の学習の進め方
10月 専門分野を知るための本の読み方
11月 英語学習法
勉強の仕方(Q&A)
12月 冬休みの学習について
専門分野の学習について(相談会形式で)
1月 志望理由書と個人面談の申込について
2月 先輩の体験談②

2.編入学実績

編入学先の特徴

本短期大学出身者は、心理学、人間科学、教育学、法律学、政治学、政策学、国際関係学、経営学、経済学、社会学、福祉学、言語学、日本語学、考古学、古代史、神学など、人文社会科学系の分野に編入学を果たしています。最近ではその後大学院に進学している卒業生もでてきました。このように多様な学問領域に編入学する背景には、英語を使って現代の国際社会の抱える諸問題を学ぶことを通じ、人権、ジェンダー、貧困、格差、環境破壊等々に対する問題意識に目覚めて、さらに知りたい、学びたいという内発的動機に促されているからでしょう。それにプラス英語力がつくことも大きな強みになっています。「英語で学ぶ」カリキュラムだからこそ豊富な選択肢があるといっても過言ではないでしょう。

 

過去6年間の編入学合格大学(2011年~2016年3月卒)

短期大学編入学合格実績はこちらをご覧ください

Scroll To Top
Scroll To Top