資料請求

2018年度 Wilmina公開講座 学生・市民対話シリーズ3 「 いのち 」

 

 

高等教育機関としての大学は、大学のもつ知を、地域の皆様と共有するという役目も担っています。このため本学は、学生・市民対話シリーズと位置づけ、2005年から公開講座を開催してきました。「和解」や「共生」といった問題提起を根底に、毎回テーマを設け、講演や対談、シンポジウム、映像や舞台表現、展示などさまざまな形で、またトークインカフェなど参加型プログラムも取り入れて展開し、老若男女問わず幅広い年代の方々に参加いただいています。

 

学生・市民対話シリーズ3 「 いのち 」
6月26日(火) 大阪女学院へールチャペル  (受付:16:00~)

 

 

学生・市民対話シリーズ3のテーマは「いのち」です。

 今回は、ノンフィクション作家の澤地久枝さん、スタンダップ コメディアンの松元ヒロさんのお二人をお迎えします。澤地さんは、「昭和の語り部」としての独自な歴史ドキュメンタリーの世界を構築し、日本ノンフィクション賞、菊池寛賞、その他多くの賞を受賞され、その名はつとに知られています。1998年から約2年間、沖縄に移住「67歳の休業」とご自身は語っておられますが、琉球大学の聴講生として学ばれ、休日を利用して琉球の布を訪ねる旅の中で、作り手たちが背負っている人生をも聴きとってこられました。松元さんは、政治風刺やパントマイムで全国を飛び回り、今、最も人気のコメディアンのお一人です。絵本にもなったひとり芝居『憲法くん』を演じることは松元さんのライフワークとも言えます。爆笑のあとに深く考えさせられる静寂のステージ、今回はどんな内容を披露してくださるでしょう。お二人とも平和のために命を捧げる表現者と言っても過言ではありません。講演と舞台、どうぞご期待ください。最後に、これを読んでくださった10代、20代の若いみなさんも、ふるってご参加ください。ご来場を心からお待ちしております。

 なお、2016年度より沖縄の自然、歴史、芸術などを通して「いのち」について共に考えるシリーズ3は、今年度が最終回となります。

 

Vol.1 16:30~17:40  講 演 『命(ぬち)どぅ宝 麦の種子(たね)』 講 師  澤地 久枝   (70分)

 

©新潮社

*プロフィール 澤地 久枝(さわち ひさえ) 

ノンフィクション作家。東京・青山出身。4歳で家族とともに満州へ移住。1945年、吉林 で敗戦を迎え1年間の難民生活の後に日本に引き揚げる。1949年、中央公論社に入 社、同社経理部で働きながら早稲田大学第二文学部に学ぶ。早大二文卒業後、『婦人 公論』編集部へ移る。1963年、編集次長を最後に退社。のち五味川純平氏『戦争と人 間』の資料助手。1972年『妻たちの二・二六事件』以後、本格的に執筆を開始。事件の 当事者たちからの聞き取り調査に基づく実証的な著述は「昭和の語り部」としての独自な歴史ドキュメンタリーの世界を構築している。著書 に、『火はわが胸中にあり』第5回(1978年度)日本ノン フィクション賞受賞、『昭和史のおんな』第41回(1979 年)文藝春秋読者賞受賞。1985年には日本女性放送者 懇談会賞を受賞。『滄海よ眠れ』『記録 ミッドウェー海 戦』第34回(1986年)菊池寛賞受賞。『琉球布紀行』ほか 多数。『鶴彬全集』を復刻。2008年朝日賞受賞。現在、憲 法「9条の会」のよびかけ人ならびに沖縄返還密約公 開請求裁判の原告の一人。近著に終戦前後の体験を 描いた『14歳〈フォーティーン〉』、往復書簡『海をわたる 手紙』(共著:ドウス昌代)

 

Vol.2  18:00~19:00   パフォーマンス  松元ヒロ(スタンダップコメディアン)   (60分)

  

 

©橘蓮二

*プロフィール 松元ヒロ(まつもと ひろ) 

1952年 鹿児島に生まれる。
1969年 鹿児島実業高校在学中、全国高校駅伝で区間賞。
1975年 法政大学在学中に陸上の道から芸の道へ。卒業後、男は黙ってパントマイマーに。 その後、よく喋るマイマーとしてお笑いの道へ。 1985年 NTV「お笑いスター誕生」で優勝(笑パーティー)。
1988年 <ザ・ニュースペーパー>の結成に参加、政治風刺コントの世界へ。
1998年 <ザ・ニュースペーパー>を退団し、ソロ活動開始。
1999年 渋谷ジァンジァンにて46歳のソロデビュー。マイムやトーク、一人コントを フューチャーした “スタンダップ コミック” での公演活動に入る。
2005年 「立川談志 日本の笑芸百選」(NHK BS2)に選ばれる。
2007年 TBSラジオ「永六輔その新世界」の『土曜ワイド芸能大賞』受賞。
2000年~09年 立川志の輔師匠の「志の輔らくご」に毎月ゲスト出演。
2008年~ソロライブ『ひとり立ち』を主に新宿紀伊國屋ホールで春と秋、定期的に行っている。
2013年~「週刊金曜日」に『写日記』(エッセイ)を隔週で掲載中。
2014年 TBSラジオ・永六輔の『土曜ワイド芸能大賞』2回目受賞。
2015年 『安倍政権を笑い倒す』(佐高信 共著、角川新書)出版。
2016年 『憲法くん』(絵:武田美穂 講談社)出版。

 

申込ご案内  *〆切を延長しました。

      申込〆切 : 2018年6月23日(土)※ハガキの場合は必着です。

      定   員: 300名

      参 加 費: Vol.1・Vol.2共通

        一般 ¥1000    事前にお申し込みのうえ、当日、受付にて現金でお支払いください。 

        学生  無料   受付にて学生証をご提示ください 

 

 

申込方法

 

  • 専用申込フォームからご応募ください。

 

 

 

 

  • 往復ハガキ

 

「学生・市民対話シリーズ3参加希望」と明記のうえ、参加される方の氏名(フリガナ)・郵便番号・住所・電話番号を記載し、下記の宛先へお送りください。

〒540-0004 大阪市中央区玉造2-26-54 大阪女学院大学 大阪女学院短期大学 生涯学習センター

 

お問い合わせ: ℡ 06-6761-6063 月~土 11:00~18:00 日/祝日を除く

募集の際に収集した個人情報は、本プログラム以外には使用いたしません。

やむを得ない事情により、プログラム・出演者等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

本学へのアクセス 

 

 

 

 

公開講座チラシ 外側

 

 

公開講座チラシ 内側

 

チラシのダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
Scroll To Top