資料請求

教員養成センターについて

教員養成センターは、初等中等教育の教員養成に係る研究開発を行い、大阪女学院大学及び大阪女学院短期大学の教職課程の整備充実を図るとともに、地域の教育力の向上に貢献することを目的とする。

教職勉強会の開催

第一回 教職勉強会

教員養成センター主催の教職勉強会を開催します。教職課程履修生のみなさん、および教職に関心を持つ学生のみなさんを対象として、短大・大学間、学年間の交流をはかります。第一回の勉強会では、「教育実習」をテーマに、実習を終えたばかりの短大2年生、大学4年生のみなさんの報告を聞きながら教職キャリアについて議論を深めます。是非、ご参加ください。
日 時:2017年7月1日(土) 13:00~14:30
教 室:TBA
テーマ:「教育実習を終えて」

活動内容

(業務)
教員養成センターは、次に掲げる業務を行います。

  1. 教職課程のカリキュラムの編成及び研究開発に関すること。
  2. 学生に対する教員免許の取得及び就職についての指導助言に関すること。
    ≫免許状取得者数及び教員就業状況
  3. 中学校・高等学校教員の英語授業に係る研修支援等に関すること。
    ≫免許状更新講習
  4. 中学校・高等学校の英語授業における教育実践の資料収集や調査研究に関すること。
  5. 中学校・高等学校英語科教員への授業相談や資料提供に関すること。
  6. その他教職課程に係る必要な業務

(研究開発)
教員養成センターは、研究部門として、次に掲げる研究開発を行います。

  1. 中学校・高等学校英語教育の実践的指導法の研究開発
  2. 4年間で即戦力となりうる教員養成の在り方の研究、教職カリキュラム開発
  3. これからの教員に求められる資質能力の調査研究
  4. 教育実践の効果検証方法等の研究開発

英語教育リレー随想

更新日:2018年10月1日

グループ学習と協同学習は同じではない

松尾 徹

 教育をファッションと同じに論じるとお叱りを受けるかもしれないが、教育方法にも時代ごとに流行がある。ここ数年のキーワードはアクティブラーニングという考え方である。アクティブラーニングとは簡単に言えば、学習者が主体となって能動的に学習活動を行う学習方法であるが、これはもともと1980年代から1990年代にアメリカの高等教育改革の中で普及していった教育法の総称であり、その目的は「学習者の主体的な学びの姿勢を引き出す」こととされる。この「学習者の主体的な学び」を促す具体的な教育方法として、グループでのディスカッションやプレゼンテーションなどの協同学習が行われている。ここで注意しなければならないことは、グループで活動が行われているから協同学習ではないということである。例えば、生徒または学生に「平和について話しなさい」と漠然と指示してもうまくいかない場合が多いのではないだろうか。またはグループで作業していても中には全て、一人がやってしまい、他の学生は積極的に参加しない場合もあるだろう。それでは学習者一人一人の「主体的な学びの姿勢」が引き出されているとは言えないのではないだろうか。

 では、グループ学習と協同学習はどのように違うのだろうか。協同学習の世界的権威であるジョンソン兄弟は協同学習の基本要素として1)肯定的相互依存、2)促進的相互交流、3)個人の2つの責任の明確さ、4)社会的スキルや小グループ運営スキル、5)集団の改善手続きの5つの項目を挙げているが、ここでは、グループ活動を最初に計画する上で重要な最初の3つについて簡潔に紹介する。1つ目の肯定的相互依存とは互いに自律した仲間同士が、グループの学習目的を達成するためにそれぞれが持つ力を出し合って、協力することを意味する。肯定的な相互依存関係がある時には個人の成功がグループの成功となり、グループの成功が個人の成功となる、所謂win-winの関係が成り立つ。2つ目の促進的相互交流とは1)の関係の具現化であると言える。つまり、メンバー同士が積極的に交流し、学び合い、教え合う活動のことを表す。3つ目の個人の2つの責任とは①自分の学びに対する責任と②グループメンバー一人一人の学びに対する責任である。①は当然であろうが、協同学習の場合はグループの他のメンバーの学びやグループ全体の学びにも責任があると考える。この2つの責任にはメンバー全員が自律した学習者として成長するために互いに学び合い、教え合い、高め合うという目的がある。

 グループ活動を協同学習とするためには最低限上記の3つの要素が存在するように教師が様々なしかけ(協力しないと達成できない目標設定、グループ目標の達成に必要な役割分担、教材・教具や学習情報の共有など)を計画し、実行して行くと同時に協同で学ぶ際の価値、意義、ルールを普段の授業の中で学習者に絶えず伝えていく必要がある。ペアー活動、グループ活動が今一つうまくいかないと感じる場合、協同学習の要素から点検してみるのも一つの方法かもしれない。                   

英語教育リレー随想バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

  • 第七十一号(December) 日英ことわざ文化散歩(中井)
  • 第七十号(November) 教材研究:実践演習のヒトコマ(夫)
  • 第六十九号(October) 選挙年齢の引き下げ(中垣)
  • 第六十八号(September) 主体なき謝罪(東條)
  • 第六十七号(August) 「英語の世紀」に生きる:親英語 vs. 反英語(中井)
  • 第六十六号(July) オンライン辞書作成に関わって(夫)
  • 第六十五号(June) 出発した教育委員会改革(中垣)
  • 第六十四号(May) 大事なものは見えにくい(東條)
  • 第六十三号(April) アクティブ・ラーニングは思考を活性化する救世主か!?(中井)
  • 第六十二号(March) Honoring our heritage, Embracing our diversity, and Sharing our future(夫)
  • 第六十一号(February) 読書離れとスマホ(中垣)
  • 第六十号(January) マララ・ユスフザイさん ―国連演説からノーベル平和賞受賞演説へ―(東條)

2014年

  • 第五十九号(December) 「時代の風」—未来圏から吹く風(中井)
  • 第五十八号(November) 「外国語活動」から「教科」へに思う(中垣)
  • 第五十七号(October) 大阪府における英語教育の方針:時事ニュースより(夫)
  • 第五十六号(September) No Worry(東條)
  • 第五十五号(August) 「心の振幅」-興味、関心の扉を開く英語(中井)
  • 第五十四号(July) 花道(夫)
  • 第五十三号(June) 最近の新聞記事から(中垣)
  • 第五十二号(May) ネイティブ教員との協働に学ぶ(東條)
  • 第五十一号(April) グローバル化時代のパラドックス(中井)
  • 第五十号(March) Lawe i ka ma'alea a kū'ono'ono(夫)
  • 第四十九号(February) ある日の授業から(中垣)
  • 第四十八号(January) 量的世界の中の質的存在(東條)

2013年

  • 第四十七号(December) 授業のイノベーション:TED Talksの教えーStart with Why (中井)
  • 第四十六号(November) ことばは生きている2 (夫)
  • 第四十五号(October) 学校5日制の下での土曜授業推進の一考察 (中垣)
  • 第四十四号(September) 教育再生実行会議に対する学会からの提言:「京都アピール(仮称)」の意義 (東條)
  • 第四十三号(August) 勉強会「英語の教え方教室」と「学び続ける教師」(中井)
  • 第四十二号(July) 「聞く」と「聴く」(夫)
  • 第四十一号(June) Quo Vadis(中垣)
  • 第四十号(May) 「大学入試にTOEFL導入」論に思う(東條)
  • 第三十九号(April) 教育未来図(中井)
  • 第三十八号(March) 新学期とand so onについて(寺)
  • 第三十七号(February) E hana mua a pa`a ke kahua mamua o ke a`o ana aku ia ha`i(夫)
  • 第三十六号(January) 新年一考:知の伝承を忘れかけた学校(東條)

2012年

  • 第三十五号(December) 正論はいつも正しいか(中井)
  • 第三十四号(November) ザ・厄介な英単語(寺)
  • 第三十三号(October) 組織のリーダーを考える(中垣)
  • 第三十二号(September) E lauhoe mai na wa‛a (Everybody paddle the canoes together)(夫)
  • 第三十一号(August) (続)言語活動の潮流を読む:英語プレゼンテーション(東條)
  • 第三十号(July) 席巻するCAN-DOリストについての一考 —グローバル人材育成が求められる中で—(中井)
  • 第二十九号(June) 英語学習における「Google革命」?(寺)
  • 第二十八号(May) 連休のまとめ(中垣)
  • 第二十七号(April) Seeking for knowledge and wisdom(夫)
  • 第二十六号(March) 韓国の英語教育に学ぶ(東條)
  • 第二十五号(February) 大阪女学院大学「教職課程」から教職専修としてさらなる充実をめざします(中井)
  • 第二十四号(January) 思いやりの広がり(中垣)

2011年

  • 第二十三号(December) 絆 2011 (夫)
  • 第二十二号(November) 人、言葉、英語 ―スティーブ・ジョブズ追悼― (東條)
  • 第二十一号(October) 来年度教職Field Study訪問予定 英国Manor Church of England Schoolを訪ねて (中井)
  • 第二十号(September) 大阪の残暑はこれから(中垣)
  • 第十九号(August) Stand with grace, pride, and modesty(夫)
  • 第十八号(July) Crisis in Japan, Crisis in Communication(東條)
  • 第十七号(June) 第5回学習指導基本調査にみる中学校・高等学校での学習指導(中井)
  • 第十六号(May) 心の中の神々(中垣)
  • 第十五号(April) 間違いを恐れない覚悟(夫)
  • 第十四号(March) ヨーロッパの言語事情(東條)
  • 第十三号(February) 大阪女学院大学「教職課程」産声をあげてから1歳に(中井)
  • 第十二号(January) 恩送り(中垣)

2010年

Scroll To Top