資料請求

学習内容の特色

入学生全員にiPad Wi-Fiモデル導入

「英語で学ぶ学習内容(コンテンツ)を重視した学習方式=コンテンツベースの英語学習」の充実のためにさまざまな工夫を行なっています。たとえば、2012年度入学生からiPad Wi-Fiモデルを全面導入し、スマートキャンパス化された学内どこでも利用できるようにして、学生の個別学習環境を整え、学生一人ひとりの成長が最大限となるよう配慮しています。

英語スキル診断テストの実施

英語運用力の向上について定期的に「英語プレースメントテスト」と「IP-TOEIC」を実施し、Reading, Listening等、英語学習領域ごとの英語力を明らかにして、学生一人ひとりが、自分自身の英語運用力を把握できるようにしています。そして、必要に応じて学習支援(サポート)センター(SASSC)のプログラムにつないでいます。

学習サポートセンター(SASSC)の常設

Reading、Writing、Grammar、Pronunciationのための学習サポートプログラムを設け、学生への学習支援を行なっています。ライティングセンターは、開講期間中、東館1階の学習支援(サポート)センター(SASSC)内常設とし、指導には英語を母語とする教員が当たっています。また、英語学習の個別学習(予習、復習)の進め方など、主に1年生のために卒業生のチューターが相談を受けるチューターリングも学習支援(サポート)センター(SASSC)内常設とし、2012年度は、開講期間中の毎週月・金曜日に開設しています。

充実した学外プログラム

英語運用力の向上について定期的に「英語プレースメントテスト」と「IP-TOEIC」を実施し、Reading, Listening等、英語学習領域ごとの英語力を明らかにして、学生一人ひとりが、自分自身の英語運用力を把握できるようにしています。そして、必要に応じて学習支援(サポート)センター(SASSC)のプログラムにつないでいます。

その他の特色

1.自己への深い気づきを得る教育

人間一般ではなく、置き換えのきかない固有な存在である「自己」への深い気づきを得る自己の確立群の科目により、いま、自分はどこにいるのか、自身の位置とアイデンティティを確認することを学習の基盤に置いています。

2.一人ひとりの学生に最適な少人数・習熟度別クラス編成育

一人ひとりの学生が最適な環境で英語を学習できるよう、共通英語科目のクラスは、習熟度別に1クラス20名編成を基準としています。英語を使用言語として進める専門科目についても指導の徹底を期するため、25名を限度としてクラスを設定しています。

3.図書館の活用

本学の求める学習スタイルには図書館は欠かすことができません。たとえば、クラスでのディスカッション、プレゼンテーション、ペーパーの作成など、どれをとっても個人としての考え、内容が要求されます。そのために図書館利用教育に力を入れています。

学生一人あたりの年間貸出冊数の平均は、21冊(2011年度)で、国立大学10.4冊、公立大学12.0冊、私立大学7.9冊と比較しても本学の学生が 比較的図書館をよく利用していることがわかります。(日本図書館協会発行の『図書館年鑑』2011年度版による2010年度の学生一人当たりの年間貸出冊 数の平均は、国立大学10.4冊、公立大学12.0冊、私立大学7.9冊)

4.アカデミックアドバイザーシステム

入学から卒業まで、一人ひとりの学生が、主体的な学びが進められるよう助言するためグループごとにアカデミックアドバイザーを配して相談者となるシステムを進めています。

5.オリエンテーションの徹底

入学時のオーバーナイトを含むオリエンテーション、その他ガイダンス等を通して、各年次の目標や学習内容を確認し、学科目履修のサポートをします。

Scroll To Top