Personal tools
You are here: Home 教育研究 教授・准教授・専任講師 紹介 M 松尾 徹 MATSUO,Tohru
Document Actions

松尾 徹 MATSUO,Tohru

プロフィール
職位 准教授
最終学歴 テンプル大学ジャパン博士課程
取得学位 テンプル大学,EdD(教育学博士) School for International Training, MA(修士 英語教授法)
所属学会と役職 日本協同教育学会 外国語教育メディア学会
専門分野 語彙習得、テスティング、リーディング
現在の研究課題 語彙指導、協同学習を用いた英語教育、多読が語彙習得に及ぼす影響
担当科目
四年制科目 二年制科目 四大・短大共通科目名
Grammar1
Integrated Studies 2
 
Integrated Reading 1
Integrated Studies 4   
OJUゼミ
Intensive Topic Studies  
Grammar2
 
Integrated Reading 2
   
メッセージ
オフィスアワー 月~金 9:00~17:00
<学生へのメッセージなど>
“You don’t need intelligence to finish your dissertation. All you need is two Ps, which are Prioritizing and Perseverance.”私の大学院博士課程の教官の言葉です。現代はもの凄く便利で欲しい情報や物がすぐに手に入りますので、みんな時間をかけてじっくり考え、取り組む忍耐がなくなってきている感がしますが、言語習得は時間と労力が不可欠です。みなさんが大学生の間に自分で目標を立て、その目標に到達するために自ら優先順を立てて、取り組むことができる自律した学習者になれるようにサポートしたいと思います。
研究業績 代表的業績
タイトル 発行所 発行年月日 単著・共著の別
The Roles of Lexical Size, Depth of Vocabulary Knowledge, Automaticity of Word Recognition on Reading Comprehension 博士論文 2017年6月 単著
Validation of the Word Associates Test Proceedings of the 14th Annual Temple University Japan Applied Linguistic Colloquium, p72-80 2012年12月 単著
大学での多読授業の実践 国際教育研究所紀要第18号,p45-54 2012年2月 単著
教員の研究活動および社会的活動のご紹介

著訳書

タイトル 発行所 発行年月日 単著・共著の別
 


   

 


メニューへ戻る

学術論文


タイトル 掲載誌 発行年月日 単著・共著の別

The Role of Lexical Size, Depth of Vocabulary Knowledge, and Automaticity of Word Recognition on Reading Comprehension

博士論文 2017年6月 単著

Validation of the Word Associates Test

Proceedings of the 14th Annual Temple University Japan Applied Linguistic Colloquium,P72-80 2012年12月 単著
大学での多読授業での実践 国際教育研究所紀要第18号,p45-54 2012年2月 単著
Analysis of Team Teaching in A Private Elementary School Setting 国際教育研究所紀要第17号,p19-28  2011年2月 単著
私立高等学校での100万語多読授業の実践 国際教育研究所紀要第15号,p38-46  2008年9月 単著
TPR Storytellingを用いた生徒のスピーキングを伸ばす授業 財団法人日本英語検定協会主催 助成研究報告書 第19号, p71-78 2007年11月 単著

国際教育研究所紀要第14号、p38-462007年10月
単著
Pre-During-Post Modelを活用した生徒が積極的に英語を使うアクティブな高校英語Ⅱの授業実践 国際教育研究所紀要第14号, p38-46 2007年10月 単著
訳読式から音声指導を中心とした英語授業への改革の試み 高知県教育弘済会研究論文集 2007年3月 単著
Reflective Teachingを通しての授業改善 国際教育研究所紀要第13号, p49-59 2006年8月 単著
生徒が積極的に英語で自己表現をする態度と力を育てる試み 高知県教育弘済会研究論文集 2006年3月 単著

メニューへ戻る

その他の著作

タイトル 発行所 発行年月日 単著・共著の別

 




 

  

 


メニューへ戻る

口頭発表

発表テーマ 団体名 開催日 場所

The Role of Lexical Size, Depth of Vocabulary Knowledge, and Automaticity of Word Recognition on Reading Comprehension

The 20th TEMPLE UNIVERSITY APPLIED LINGUISTIC COLLOQUIUM 2018年2月 Temple University Japan, Osaka campus

A Micro-Investigation of the Relationships Among Three Aspects of Lexical Knowledge

The 18th TEMPLE UNIVERSITY APPLIED LINGUISTIC COLLOQUIUM 2016年2月 Temple University Japan, Azabu campus
Validating an Antonym Semantic Decision Task to Measure Lexical Fluency and Accuracy The 17th TEMPLE UNIVERSITY APPLIED LINGUISTIC COLLOQUIUM 2015年2月 Temple University Japan, Osaka campus
Investigating the Role of Lexical Knowledge on Reading Comprehension Item Types The 16th TEMPLE UNIVERSITY APPLIED LINGUISTIC COLLOQUIUM 2014年2月 Temple University Japan, Osaka campus
日本人学習者の語彙の流暢さと正確さを測定する語彙性判断テスト 外国語教育メディア学会関西支部 2013年度春季研究大会 2013年5月 同志社女子大学
Validation of a lexical decision task to measure lexical fluency and accuracy The 15th TEMPLE UNIVERSITY APPLIED LINGUISTIC COLLOQUIUM 2013年2月 Temple University Japan, Azabu campus
Ideas for storytelling with Prezi 38th Annual JALT International Conference 2012年10月 静岡
Preziを使ったストーリーテリング/読み聞かせ 日本多読学会年会 2012年7月 東京
私立小学校における多読につなげるためのStorytelling 日本多読学会 第6回関西多読新人セミナー 2012年2月 近畿大学
Validation of Word Associates Test: Does The Format Matter? The 15th TEMPLE UNIVERSITY APPLIED LINGUISTIC COLLOQUIUM 2012年2月 Temple University Japan, Osaka campus
Word Associates Format Test Validation 37th Annual JALT International Conference 2011年11月 東京

メニューへ戻る

学術研究に関わる受賞

受賞名 受賞年

高知県教育弘済会研究論文 入選

2007年
高知県教育弘済会研究論文 最優秀賞 2006年
   

メニューへ戻る

学術研究に関わる補助金名等

研究テーマ 期間 研究補助金名

TPR Storytellingを用いた生徒のスピーキングを伸ばす授業

2007年〜2008年 財団法人日本英語検定協会 英検助成研究

メニューへ戻る

社会的活動

<社会的活動を入力して下さい。>

 

 

メニューへ戻る