パーソナルツール
現在の場所: ホーム 教育研究 教授・准教授・専任講師 紹介 O 奥本 京子 OKUMOTO,Kyoko
編集操作

奥本 京子 OKUMOTO,Kyoko

プロフィール
職位         教授
最終学歴

神戸女学院大学 大学院 文学研究科 博士後期課程 英文学専攻 単位取得退学

取得学位

神戸女学院大学 博士(文学)

英国国立ランカスター大学 (Lancaster University) 平和学修士
神戸女学院大学 文学修士

所属学会と役職

日本シェイクスピア協会、日本平和学会(理事、平和と芸術分科会副責任者)、日本英文学会、国際トランセンド(認証トレーナー)、トランセンド(平和的手段による紛争転換)研究会(副会長)、International Peace Research Association (IPRA)、非暴力平和隊・日本(理事)、Asia Pacific Peace Research Association (APPRA) 、ACTION Asia、アートミーツケア学会、Northeast Asia Peace Research InstituteNARPI、運営委員会委員)、共生と修復研究会、ACTS (Applied Conflict Transformation Studies, Centre for Peace and Conflict Studies + Paanasastra University)

専門分野

平和学、平和ワークにおける芸術アプローチ、紛争転換・非暴力介入論、ファシリテーション研究、NGO活動研究

現在の研究課題

東北アジアにおける和解のプロセス(平和ワーク)を、朗読劇などの芸術形態をとおして探求する、また、東南アジアや南アジア、そして他地域における紛争転換・非暴力介入のためのネットワークを深化させる。さらに、ワークショップの手法により、平和創造のためのファシリテーションを如何に深化させることができるか、また、市民社会における平和ワークに関するNGO活動について研究する。

担当科目
四年制科目二年制科目四大・短大共通科目名大学院前期課程(修士)大学院後期課程(博士)
国際関係入門Integrated Studies 2 平和学

Theme Studies IIntegrated Studies 4  

Transcending Conflict

 Topic Studies II 

  

メッセージ
オフィスアワー                                     
<学生へのメッセージなど>

研究業績 代表的業績
タイトル発行所発行年月日単著・共著の別
 

『平和研究』39特集「平和を再定義する(Redefining Peace)pp.69-89 (英語要旨はp.172)

論文単著:紛争転換と芸術:動態的平和を模索して」Conflict Transformation and the Arts: Exploring Dynamic Peace

日本平和学会 20121010 単著
  書籍名:『平和ワークにおける芸術アプローチの可能性:ガルトゥングによる朗読劇Ho’o Pono Pono: Pax Pacificaからの考察』法律文化社 2012331 単著

書籍名:『グローバルキャリア教育:グローバル人材の育成』(論文単著「平和的手段による紛争転換」pp.69-75) 編集:友松篤信

ナカニシヤ出版 2012320 単著
 大阪経済法科大学21世紀社会研究所紀要2「平和アプローチ:非暴力介入による平和ワーク」pp.15-30大阪経済法科大学 20113 単著

書籍名:『国際関係入門-共生の観点から』( 論文単著「市民社会・NGOと平和」(第二章)pp.25-46編集:黒澤満

 東信堂 201161 単著
 

「平和ワークにおける芸術アプローチの可能性:ヨハン・ガルトゥングによる朗読劇Ho’o Pono Pono: Pax Pacifica(『ホーポノポノ「アジア・太平洋の平和」』)からの考察」

 神戸女学院大学大学院博士学位論文 20101129 単著

書籍名:『平和学を学ぶ人のために』(論文単著「5章 <平和家>としての芸術家」109~128君島東彦編

世界思想社  2009720 単著

書籍名:『非武装のPKO--NGO非暴力平和隊の理念と活動 』(  論文単著「第2部 第3章:大いなるお節介非暴力介入」113121編著:君島東彦

 明石書店 2008425 単著
 書籍名:『平和の探求:暴力のない世界をめざして』(論文単著「第17章:芸術と紛争転換:平和創造のために不可欠なものとは何だろうか」158167頁)編著:木戸衛一、長野八久 (社)部落解放・人権研究所

発売元:解放出版社

 2008320  単著
書籍名:『平和を拓く―安齋育郎教授退職記念論集―』 (論文単著「第13章:対話のための『回路』としての芸術のあり方を模索する―歴史教科書のオルタナティブとしての朗読劇プロジェクト―」256頁~268頁) かもがわ出版 2006年2月25日共著(ただし、論文は単著)
『平和研究』第29号 (論文単著「文学と平和の危険な関係―-「古典」による教育と平和の価値は共存できるか―」pp.19-39)日本平和学会2004年11月1日単著
書籍名:『ガルトゥング平和学入門―Introduction to Galtung’s Theory of Peace: Grasping Peace for the 21st Century―』 (論文単著 「第9章:平和的価値の創造における芸術の役割」 169頁~195頁、論文共著 「第2章:トランセンド入門――実践:練習問題」 24頁~46頁、論文単訳 「第3章:平和学とは何か」 49頁~67頁)法律文化社2003年9月11日共著(ただし、論文は単著)
教員の研究活動および社会的活動の紹介

著訳書

タイトル 発行所 発行年月日 単著・共著の別
       
 論文単著「市民社会・NGOと平和」(第二章)pp.25-46

書籍名:『国際関係入門-共生の観点から』

編集:黒澤満
東信堂    201161 単著 

担当項目「ガルトゥング」(pp.107-110)、「暴力」(pp.343-345)

『キリスト教平和学事典』

 関西学院大学キリスト教と文化研究センター編     

 教文館  2009925  単著

 論文単著 “Using an Art Form for Mutual Understanding and Reconciliationin East Asia: A Drama Project, ‘Ho’o Pono Pono: Pax Pacifica’”, pp. 183-192

Dramatherapy and Social Theatre: Necessary Dialogues

ed. By Sue Jennings

 Routledge  2009  単著

 論文単著「5章 <平和家>としての芸術家」109~128

I.戦争の根本原因/平和の文化

『平和学を学ぶ人のために』

君島東彦編
世界思想社  2009720  単著
 論文単著「第2部 第3章:大いなるお節介非暴力介入」113121

書籍名『非武装のPKO--NGO非暴力平和隊の理念と活動

2部「非暴力のちから」

編著:君島東彦

明石書店   2008425  単著

共著『人権学習シリーズVol.5 ぶつかる力 ひきあう力:対立と解決』

編集:財団法人大阪府人権協会

教材作成プロジェクトチーム委員:大西英雄、奥本京子、栗本敦子、頼友明、

事務局:財団法人大阪府人権協会人権啓発部
 大阪府政策企画部人権室  20083  共著

 論文単著「第17章:芸術と紛争転換:平和創造のために不可欠なものとは何だろうか」158167

書籍名:『平和の探求:暴力のない世界をめざして』

5部「平和への途」

編著:木戸衛一、長野八久

 (社)部落解放・人権研究所

発売元:解放出版社

2008320   単著
論文単著「第13章:対話のための『回路』としての芸術のあり方を模索する―歴史教科書のオルタナティブとしての朗読劇プロジェクト―」256頁~268頁
書籍名:『平和を拓く―安齋育郎教授退職記念論集―』、
第Ⅱ部「平和への世紀へ」 
編集:安齋育郎教授退職記念論集編集委員会
かもがわ出版 2006年2月25日 単著

論文単訳 「第3章:平和学とは何か」 49頁~67頁

書籍名:『ガルトゥング平和学入門―Introduction to Galtung’s Theory of Peace: Grasping Peace for the 21st Century―』
編集:ヨハン・ガルトゥング、藤田明史

法律文化社  2003年9月11日 単訳
論文共著 「第2章:トランセンド入門――実践:練習問題」 24頁~46頁
書籍名:『ガルトゥング平和学入門―Introduction to Galtung’s Theory of Peace: Grasping Peace for the 21st Century―』
編集:ヨハン・ガルトゥング、藤田明史 
法律文化社  2003年9月11日 共著
論文単著 「第9章:平和的価値の創造における芸術の役割」 169頁~195頁
書籍名:『ガルトゥング平和学入門―Introduction to Galtung’s Theory of Peace: Grasping Peace for the 21st Century―』
編集:ヨハン・ガルトゥング、藤田明史 
 法律文化社  2003年9月11日 単著
読解演習書籍編注『平和を創る―平和学入門―』
原著:D.P.バラッシュ 共編:斎藤安以子
原題:Introduction to Peace Studies (Wadsworth Publishing Company,1991)
英宝社 2002年1月10日  共著 
翻訳 『平和的手段による紛争の転換【超越法】』
原著:ヨハン・ガルトゥング 編集:伊藤武彦  
国際連合紛争解決マニュアル(1998)、国連危機環境訓練構想(CETI)
国連災害管理訓練プログラム(DMTP)による作成マニュアル、
原題:Conflict Transformation by Peaceful Means (the Transcend Method)
平和文化 2000年2月1日 単訳

メニューへ戻る

学術論文

タイトル 掲載誌 発行年月日 単著・共著の別

「平和アプローチ:非暴力介入による平和ワーク」                         

 大阪経済法科大学21世紀社会研究所紀要  2   20113 単著 

「平和ワークにおける芸術アプローチの可能性:ヨハン・ガルトゥングによる朗読劇Ho’o Pono Pono: Pax Pacifica(『ホーポノポノ「アジア・太平洋の平和」』)からの考察」

 神戸女学院大学大学院博士学位論文  20101129 単著 

Japan’s Alternative Diplomacy in Track II (CSOs/NGOs) Through the Perspectives of Achieving ‘Reconciliation’ in North East Asia: Introducing A Drama Project, ‘Ho’o Pono Pono: Pax Pacifica’”

 トランセンド研究会『トランセンド研究平和的手段による紛争の転換』第7巻第2  200912  単著 

「非暴力平和隊・日本との交流会:<非暴力介入>を掲げるNGOの集い」

 
 トランセンド研究会『トランセンド研究』第7巻第1  20096 単著 

「ピースおおさかでの大規模ワークショップ報告:平和創造の方法を共に考えるワークショップ--子ども達に平和をどう伝えるか--

 トランセンド研究会『トランセンド研究』第7巻第1  20096  単著 

「大阪YWCAにおけるトランセンド・ワークショップ・シリーズ報告」             

共著:トランセンド関西 

 トランセンド研究会『トランセンド研究』第6巻第2  200812 共著 

『済州4・3事件60周年記念シンポジウム 「記憶を超えて和解へ」』参加報告」             

共著:中野克彦・奥本京子・藤田明史 

トランセンド研究会『トランセンド研究』第6巻第1   20086  共著

加害と被害の枠組みをどう乗り越えるか―東アジアの和解と平和創造のために―」

共著:藤田明史・奥本京子・中野克彦 
 トランセンド研究会『トランセンド研究』第6巻第1  20086  共著
「ホーポノポノ『アジア・太平洋の平和』改訂プロジェクト<その2>――トランセンド研究会主催 第2回トランセンド・トレーナー養成講座を 経て、『朗読劇プロジェクト』として発展することは可能か――」  トランセンド研究会『トランセンド研究』第5巻第1  20076  単著
第2回トランセンド・トレーナー養成講座報告」  トランセンド研究会『トランセンド研究』第5巻第1  20076  単著

「ソウルにおけるトランセンド研究会(Transcend-Japan)によるトランセンド・ワークショップ実践報告」

トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第2号 2006年12月1日 共著

「トランセンド関西企画(トランセンド研究会共催)トランセンド基礎講座報告(2005年9月24日)」

トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第1号 2006年8月1日 単著
「ホーポノポノ『アジア・太平洋の平和』改訂プロジェクト<その1>――ガルトゥングによる東アジアの和解のための朗読劇の問題点と提案――」 トランセンド研究会『トランセンド研究』第3巻第2号 2005年11月1日 単著
「トランセンド・ワークショップ実践報告:日本平和学会春季研究大会における北海道東海大学(開催校)企画」 トランセンド研究会『トランセンド研究』第3巻第1号  2005年5月1日 単著
「文学と平和の危険な関係―-「古典」による教育と平和の価値は共存できるか―」 日本平和学会編『平和研究』第29号 2004年11月1日 単著
「ヴァージニア・ウルフ著『三ギニー』に見る平和主義と「暴力の文化」への考察――男達の“fear”と女達の“fear”――」 大阪女学院短期大学 『紀要』第32号 2003年3月1日 単著
「平和学実践の形態について: 授業・セミナー・ワークショップを通した平和教育・学習の問題点と可能性」 大阪女学院短期大学 『紀要』第31号 2002年3月1日 単著
“The Role of Arts in Peace Education”
[平和教育における芸術の役割]
大阪女学院短期大学 『紀要』第28号 1999年3月1日 単著 
“Does Peace Exist in Macbeth at All?: Violence Breeds Violence as‘blood will have blood’[Part One]”
 [『マクベス』に果たして平和は存在するか: 暴力が暴力を生む悲劇 -- その一 --]
The Edgewood Review 第25号 1998年11月1日 単著
“Violence, Love and Peace in Romeo and Juliet through the Imagery of Light and Darkness: A Possibility of Peace Studies”
[『ロミオとジュリエット』における明暗のイメジャリを通して観る暴力、愛と平和について―平和学の可能性]
The Edgewood Review 第24号 1997年11月1日 単著 

メニューへ戻る

その他の著作

タイトル 発行所 発行年月日 単著・共著の別
 「修復的正義(RJ)と紛争転換の対話に向けて:トランセンド・ネットワークからの課題提起」 共生と修復研究会『共生と修復』第1号  20113 単著 
 ヒロシマ・ワークショップ実施報告」(特集:トランセンド・トレーナー養成講座/NARPIパイロット・ プロジェクト)

共著:奥本京子・藤田明史・中嶋大輔

 

トランセンド研究会『トランセンド研究平和的手段による紛争の転換』第8巻第2

 201012 共著 

NARPIパイロット・プロジェクト実施報告

非暴力平和隊・日本(NPJ)ニューズレター第35  2010928  単著 

「NPC代表パク・ソンヨンさんとの交流、非暴力行動トレーニングに関する日韓共同開発、そして、NARPI進捗状況についての報告」

 非暴力平和隊・日本(NPJ)ニューズレター第34 201061   単著

「NARPI進捗状況(東北アジア地域平和構築インスティチュート)」        

非暴力平和隊・日本(NPJ)ニューズレター第32号   2010119 単著 

「アジア太平洋平和研究学会(APPRA)でのトランセンド・ワークショップ報告」

トランセンド研究会『トランセンド研究平和的手段による紛争の転換』第8巻第1  200912  単著 

「東北アジア地域の平和構築のためのトレーニング・インスティテュート始動に向けて:イ・ジェヨン氏による日本ツアー 企画報告」

 トランセンド研究会『トランセンド研究平和的手段による紛争の転換』第7巻第2 200912  単著 

「『トランセンド・グローバル・ミーティング:21世紀の平和構築』参加報告」

共著:藤田明史、伊藤武彦、室井美稚子 

 トランセンド研究会『トランセンド研究』第7巻第1  20096  共著
 "Conflict Transformation in North East Asia and the Meaning of Apology: Examples from Japanese Theatre Experiments  Asian Perspectives on Peacebuilding-Learning from Experience (Asia Peacebuilders’ Forum報告書)ACTION Asia regional network for peace and conflict workers in the Asia Pacific  2009年5月   単著 

20086月トランセンド国際理事会報告        

 
 トランセンド研究会『トランセンド研究』第6巻第2 200812   単著
「ファシリテーターになる準備のための大学生対象ワークショップ報告」            トランセンド研究会『トランセンド研究』第6巻第2  200812  単著
Hoo Pono Pono: Reconciliation Process in North East Asia  Exploring Asian Approaches to Peace Building-Practical Insights and Reflections Asia Peacebuilders’ Forum報告書)ACTION Asia regional network for peace and conflict workers in the Asia Pacific  2008年2月 単著 
「フィリピン・ミンダナオで開催されたAsia Peacebuilders’  Forum 報告」  トランセンド研究会『トランセンド研究』第5巻第1  20076  単著

報告書「韓国文解(識字)教育グループ対象の平和教育ワークショップ実践報告」

トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第2号 2006年12月1日 共著

報告書「韓国キョンヒ大学GIPプログラムにおけるトランセンド・ワークショップ実践報告」

トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第2号  2006年12月1日 単著
報告書「ソウルにおけるヨハン・ガルトゥング博士招請平和講演会とワークショップ参加報告」 トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第2号 2006年12月1日 共著
巻頭言「平和を創る発想転換」 大阪YWCA機関誌(「大阪版」)2006年11月号 2006年11月1日 単著
報告書「『2005年度NGO・JICA連携による実践的参加型村落開発コース』におけるトランセンド・ワークショップ実践報告」 トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第1号 2006年8月1日 共著 
報告書「Transcend Workshop in Shanghai Held on November 19, 2005: For Deep Understanding and Firm Solidarity between China and Japan―A Message from Three Citizens of Japan―」 トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第1号 2006年8月1日  共著
報告書「中日歴史問題と和解セミナー報告」 トランセンド研究会『トランセンド研究』第4巻第1号 2006年8月1日   共著
報告書「非暴力平和隊・コリア(Nonviolent Peaceforce Corea)との交流ミーティング11月に開催」 非暴力平和隊・日本(NPJ)ニューズレター第14号 2006年6月27日 単著
論文翻訳「人道的アート・マニフェスト『共に平和のために』」
原著:リダ・シェラファトマンド
原題:Humanitarian Art Manifesto (2004)
トランセンド研究会『トランセンド研究』第3巻第1号 2005年5月1日 単訳
朗読劇翻訳「ホーポノポノ『アジア・太平洋の平和』」
原著:ヨハン・ガルトゥング 
原題:PAX PACIFICA in Yokohama Harbor (2002)
トランセンド研究会『トランセンド研究』第3巻第1号 2005年5月1日 共訳
巻頭言「対話について思うこと――私たちは、本当に関わり、つながることができるでしょうか――」 非暴力平和隊・日本(NPJ)ニューズレター第7号 2005年3月31日 単著
報告論文「ヴァージニア・ウルフのテキストに見るウィリアム・シェイクスピアのテキストから受けた影響について」 大阪私立短期大学協会 平成16年度 教員個別研究報告書 2004年10月1日 単著
論文翻訳「9.11事件以降の米国・西側諸国、及び、その他の国々」
原著:ヨハン・ガルトゥング、ディートリヒ・フィッシャー      
原題:The United States, the West and the Rest of the World
トランセンド研究会『トランセンド研究』第1巻 (創刊号) 2003年3月31日 共訳
書評論文“Virginia Woolf, Three Guineas. Ed. Naomi Black (Oxford: Blackwell, 2001)”      日本ヴァージニア・ウルフ協会『ヴァージニア・ウルフ研究』第19号 2002年9月30日 単著

メニューへ戻る

口頭発表

発表テーマ 団体名 開催日 場所
       
「東北アジアにおける平和ワーク、そしてトレーニング:芸術アプローチを軸に」                                 49回東北アジア平和構想研究会  2011623  関西学院大学大阪梅田キャンパス、アプローズタワー1401号室
「平和的感性」と「批判的精神」について:平和学の視点から<共生>は何を意味するのか  

大阪女学院大学 12回平和・人権研究会

 

2010616

 国際共生研究所研究室

パネル「グローバル・ガバナンスとNGO──成果・課題・展望」

君島 東彦(モデレーター)、他パネリスト:秋林こずえ、田浦健朗、田中十紀恵。

 日本NPO学会 第12回年次大会  

2010314

 立命館大学衣笠キャンパス
 「平和ワークにおける芸術アプローチ(Arts-based Approachs in Peace Work)  研究活動委員会主催

大阪女学院大学 学内研究会

 

201039

 大阪女学院大学 第一会議室
 「『平和ワーク』における芸術アプローチ」  主催:平和教育学研究会、平和と芸術研究会 20091219   東京女子大学

Peace Creation Networking Workshop for the Conflict of North-East Asia

共同発表Michiko Muroi

APPRA (Asia-Pacific Peace Research Association) 2009910  

College of Indigenous Studies, National Dong Hwa University

Shou Feng, Hualien, Taiwan

The Crossroads of History Education and Peace Education:  Examined through Conflict Transformation Methods

 Thematic Symposium 2: Peaceful Solutions on History Conflicts: Peace by Peaceful Means

Theme: Peace Education on the Site of History Education

主催:The International NGO History Forum for Peace in East Asia, Northeast Asian History Foundation, Ministry of Education, Science and Technology, Ministry of Foreign Affiairs and Trade, Samsung, SK

2009821   Life-Long Education center of Ducksung Women’s University 

History Education for Historical Reconciliation in East Asia: A Historical Step, A Peaceful Future

 The 3rd International NGOs Conference on History and Peace

主催:The International NGO History Forum for Peace in East Asia, Northeast Asian History Foundation, Ministry of Education, Science and Technology, Ministry of Foreign Affiairs and Trade, Samsung, SK

200981923   Long-life Education Center of Duksung Womens University 

Japan’s Alternative Diplomacy in Track II (CSOs/NGOs) Through the Perspectives of Achieving “Reconciliation” in North East Asia: Introducing A Drama Project, “Ho’o Pono Pono: Pax Pacifica” 

 Theme: Alternative foreign policies: World domestic policy

Hosted and organised by: Nordic Peace Academy/TRANSCEND-Nordic

 200986  

Venue: Jondal School in Jondal Municipality, Jondal, Norway

(体調不良欠席のため、報告プレゼンテーションに代わる論文提出)

<東北アジアにおける「和解」の実現にむけて:芸術アプローチの提案と、「朗読劇プロジェクト」の課題>

 29回東北アジア平和構想研究会              2009725  関西学院大学大阪梅田キャンパス、アプローズタワー1401号室 
 <東北アジアにおける平和共同体創造実現にむけて:芸術アプローチの導入と、「朗読劇プロジェクト」の提案>  

大阪女学院大学 第6回平和・人権研究会

2009626   大阪女学院大学第2演習室
Conflict Transformation in Japan and North East Asia

藤田明史氏とともに発表

21st Century Peace Building: TRANSCEND Global Meeting

主催:国際トランセンド・ネットワーク

協力:ACT, AFSC, Church World Service, CPCS, Khmer Ahimsa, Pannasastra University, YRDP

 200956  カンボジア・プノンペン、CPCS事務所会議室、Almond Hotel
Roles of Citizens of Japan to Create a Peaceful Community/Society in North-East Asia the International Conference on New Community Movement (Saemaul Undong) in the Globalizing World: Origin, Present and Future Prospect主催:the Korean Association of Saemaul Undong Studies (KASUS) 20081110   韓国、ソウル、ソウル国立大学、コンベンションセンター
 Conflict Transformation in North East Asia and the Meaning of “Apology”: Examples from Theatre Experiments

 The Second ACTION Asia Peacebuilders’ Forum

主催:ACTION Asia

 20081021  The Hotel View BhrikutiGodavari in Kathmandu
 「平和構築のための紛争転換・非暴力介入、そして芸術の役割」  主催:東北アジア平和構想研究会 2008628   関西学院大学大阪梅田キャンパス、アプローズタワー1005号室

What Transcend-Japan and Transcend-North East Asia Have Done So Far, and What We Will Try to Achieve in the Coming Five Years 

 Transcend-International Board of Conveners Conference

Transcend-International Network

2008669  Radisson SAS Trondheim Hotel, Trondheim, Norway

加害と被害の枠組みをどう乗り越えるか  ――東アジアの和解と平和創造のために――」

藤田明史氏、中野克彦氏ともに準備、藤田氏と当日発表 

International Conference commemorating the 60th anniversary of Jeju April Third Uprising--Reconciliation beyond Memory--

Hosts:  The Organizing Committee commemorating the 60th anniversary of Jeju April Third Uprising;

Jeju Special Self-Governing Province

Organizer: Jeju 4.3 Research Institute 
200845   済州オリエンタルホテル
 紛争転換の意義と、東北アジアの平和に関する『朗読劇プロジェクト』」 主催:東北アジア平和構想研究会   2007630 関西学院大学大阪梅田キャンパス、アプローズタワー1001号室 
 「トランセンド研究会『朗読劇プロジェクト』展示」

共同発表:トランセンド研究会「朗読劇プロジェクト」

 主催:日本平和学会春季研究大会 パネル展(アート常設企画) 20076910   早稲田大学

第7分科会「平和のつくりかた~具体的なことばと行動で平和をつくろう~ワークショップ」

主催:みのお市民人権フォーラム21st実行委員会、分科会企画:「箕面市平和のまち条例をつくる会」、『みのお市民人権フォーラム21st』   2006年12月3日 らいとぴあ21 3階 音楽室

「国際協力のための具体的提案」

主催:百合学院高等学校、高大連携プログラム 2006年11月21日 百合学院高等学校セシリアホール
ステップ②【体験!平和を創る発想転換ワークショップ】(全2回) 主催:大阪YWCA人材育成・研修センター、『リーダーシップ養成のための講座、「平和学」講座、<連続講座>平和学〜平和を主体的に創るために〜』 2006年10月29日、11月5日 大阪YWCAシャロン千里
“Ho’o Pono Pono: Reconciliation Process in North East Asia” 主催:ACTION Asia、"Asia Peacebuilders’ Forum: Exploring Asian Approaches to Peacebuilding" 2006年10月27日 the Conference Room, Balay Mindanaw Peace Center, the Philippines
第二回Trainers’Trainingワークショップ・トレーニング トランセンド研究会  2006年10月21~22日 大阪クリスチャン・センター・大阪女学院大学
平和教育ワークショップ  韓国文解(識字)教育グループ 2006年10月14日 KOKO Plaza 1階美術工房 
TRANSCEND Workshop “Theory of TRANSCEND: Peace and Conflict” 主催:Student Body Council、The Graduate Institute of Peace Studies (GIP)、Kyung Hee University、南楊州(Namyangju)、韓国、『2006 Fall Semester, for Leadership Training Program』  2006年8月29日 The Graduate Institute of Peace Studies (GIP)、南楊州(Namyangju)キャンパス、Kyung Hee University、南楊州(Namyangju)、韓国
平和学習ワークショップ「子どもたちに平和をどう伝えるか」 主催:財団法人 大阪国際平和センター(ピースおおさか)、後援:大阪府教育委員会、『(講座名)ピースおおさか教員のための「平和学習」講座、(副題)大阪大空襲と平和の学習』 2006年8月3日 ピースおおさか 3F 1・2会議室
報告「世界平和フォーラムに参加して」 主催:木戸衛一、『第16回OSIPP平和研究フォーラム』 2006年7月19日 大阪大学大学院国際公共政策研究科棟3階、マルチメディア演習室
組織部職員向け研修のためのワークショップ「トランセンド・ワークショップ」 大阪いずみ市民生活協同組合組織部 2006年7月11日 大阪府立羽衣青少年センター
“Ho’o Pono Pono: Pax Pacifica”  World Peace Forum 2006 "A Journey to Peace" 2006年6月25日 Henry Angus 308, University of British Columbia, バンクーバー,カナダ
「平和学から考える平和ためのワークショップ」 大阪いずみ市民生活協同組合組織部 2006年6月15日 いずみ市民生協 商品検査センター(三国ヶ丘)
ヨハン・ガルトゥングによるトランセンド講演・ワークショップ 『The Peaceful Solution of Conflict and North Korea, the United States and South Korea’s Roles』(講演)、『Peace and Conflict: Transcend Workshop』 (WS)、アドバイザーとして Pureum、他 2006年5月24日・27日  ソウル・Manhae NGO Center
「憲法9条の状況と平和学-平和の創りかた-」 主催:「九条の会」奈良、『憲法9条フェスティバル』 2006年4月16日 奈良県文化会館 国際ホール
「創造力を通して――紛争の平和的手段による転換と文学の役割――」  主催:研究活動企画・推進委員会、大阪女学院大学・短期大学 学内研究会 2006年3月10日 学内第一会議室
「The Transcend Peace Education Workshop」 Pureum、他 2006年3月3日~5日 大韓民国、ソウル、明洞(ミョンドン)、ユネスコ・ビル(National Korean Committee of UNESCO)10階会議室
「今なぜ憲法改正なのか?・・・平和学から考える」 主催:大阪府職員労働組合 中央地区評 青年部・婦人部合同、『06春闘! ランチタイム学習会』  2006年2月28日 府職労第1・2会議室
「Peace Workshop on TRANSCEND」 主催:東京外国語大学 大学院地域文化研究科、平和構築・紛争予防講座(PCS)学生対象 2006年2月16日 府中キャンパス 研究講義棟4階401‐3
「21世紀の平和学」 主催:しんふじん(新日本婦人の会)中央支部、『新春平和大学習会』  2006年2月9日 ドーンセンター視聴覚室
「トランセンドーー紛争を超越する」 主催:非暴力平和隊・日本/ピースネット、『非暴力連続講座 第17回』 2006年2月4日 文京シビックセンター
“Peace Education and Peace Creation: the Role of Textbooks and an Alternative Drama Project by TRANSCEND” 共催:Jaipur Peace Foundation、Asia Pacific Peace Research Association (APPRA) Conference(アジア太平洋平和研究学会)、 "Sixty Years After Second World War: Lessons for Peace Building" 2006年1月7日 インド、ジャイプール
「トランセンドと非暴力のワークショップ」 主催 第52回不戦のつどい実行委員会・立命9条の会、『第52回不戦の集い「平和憲法を活かす人々──戦後60年目の出会い」』、対象:立命館の学生と米国マカレスター・カレッジの学生 2005年12月15日14:40〜19:30 立命館大学衣笠キャンパス、諒友館844〜847
「For Deep Understanding and Firm Solidarity between China and Japan: A Message from Three Citizens of Japan」 主催:復旦大学日本研究中心(センター)・国際経営技術講習所、『対中日歴史問題的正確認識与相互和解学術検討会(中日歴史問題と和解セミナー)』  2005年11月19日 中国 上海 復旦大学日本研究センター多目的ホール
「平和教育の現状と課題――平和的手段による紛争の転換――」 主催:大阪経済法科大学、大阪経済法科大学2005法学シンポジウム『平和と人間の安全保障』  2005年11月15日 大阪国際交流センター 
“Transcend Workshop: Conflict Transformation by Peaceful Means” 関西NGO協議会企画、JICA主催、「NGO・JICA連携による実践的参加型村落開発コース」(JICA-NGO Partnership Training Course for Practical Participatory Rural Development) 2005年10月13~14日 JICA大阪国際センター セミナールーム14
「トランセンド・トレーナー養成講座――平和ワーカーになろう!――」 主催:トランセンド研究会、『第1回Trainers’ Training』 2005年10月8~10日 和光大学
「トランセンド基礎講座」 共催:トランセンド関西・トランセンド研究会 2005年9月24日 大阪女学院大学

「子どもたちに平和をどう伝えるか」

主催:ピースおおさか、『ピースおおさか 教員のための「平和学習」講座』  2005年8月4日 ピースおおさか(財団法人大阪国際平和センター)
「平和的手段による紛争の転換――トランセンド――」 主催:ひょうご大学連携事業推進機構、ひょうご講座(大学連携 県内全大学連携)、独自科目『戦争と平和の人間学』 2005年6月7日 神戸県立神戸学習プラザ
「ガルトゥング平和学の理論と実践―トランセンド法について―」 日本平和学会 2005年度春季研究集会「非暴力」分科会 2005年6月5日  立教大学
「戦争の原因とその平和的解決を考える」 大阪いずみ市民生協   2005年5月28日(14:10-15:20) 社会福祉会館(堺市)
「みんなで考えるピースワークショップ『平和的手段による紛争転換』」  大阪いずみ市民生協 2005年5月28日(11:00-12:30) 生協ホールBC(堺東)
“The Role of Drama for Regional Reconciliation: ‘Ho’o pono pono: Pax Pacifica’Proposed by Johan Galtung and TRANSCEND-Japan” 主催:Gernika Peace Museum Foundation、『V International Peace Museum Conference(第5回国際平和博物館会議)』 2005年5月4日 スペイン、ゲルニカ
 「『今』『私』さえよければいいの?――『公』と『個』の関係を考える――」 主催:京都YWCA、『2004年度京都YWCA2.11集会 ワークシンポ(シンポジウムにワークショップを取り入れて)』 2005年2月26日 京都YWCAホール
「対話の方法--トランセンド・エクササイズ」 『対話の方法--紛争転換と非暴力実践の中でうまれる対話』企画・開催・講師 2005年2月20~21日 日の出人権文化センター 三階会議室
「身近な意見の対立から紛争・戦争まで―平和的解決の方法を探るワークショップ」 主催:箕面市立中央生涯学習センター、講座『くらしの中から平和学』 2005年1月15日 箕面市立中央生涯学習センター 
「平和学入門&『トランセンド』(平和的手段による紛争の転換)」 大阪いずみ市民生協 河内長野地域委員会  2004年11月11日 河内長野市市民交流センター(キックス)
“Transcend Workshop: Empathy, Nonviolence and Creativity” 関西NGO協議会企画、JICA主催、「NGO・JICA連携による実践的参加型村落開発コース」(JICA-NGO Partnership Training Course for Practical Participatory Rural Develpment) 2004年11月4日 JICA大阪国際センター セミナールーム7
「平和学入門&トランセンド・ワークショップ」  主催:兵庫県立播磨南高等学校、『2回シリーズ 高大連携プログラム』 2004年10月28日&12月2日 兵庫県立播磨南高等学校
「トランセンド・ワークショップ」 主催:国際理解教育センター、「平和」ファシリテーター養成講座 2004年10月9日 国際理解教育センター(ERIC)
「非暴力&トランセンド・ワークショップ@関西」  企画・開催・講師 2004年9月24~25日 大阪女学院大学
「紛争転換による平和への道」  大阪大学講座『人間教育科目 「平和の探求」』 2004年7月23日 大阪大学
「子どもたちに平和をどう伝えるか」 主催:ピースおおさか、『ピースおおさか 教員のための「平和学習」講座』 2004年7月22日 ピースおおさか(大阪国際平和センター)
“Nationalism and Literature in Present-day Japan” International Peace Research Association(国際平和研究学会) 2004年7月8日 ハンガリー、ショプロン ホテル・シエスタ
「トランセンド演習--平和とは何かを考える--」 日本平和学会 平和教育分科会&非暴力分科会 共同開催、主催校企画 2004年6月27日 北海道東海大学
「紛争転換と芸術、そして平和の文化創造」 主催:箕面市立中央生涯学習センター、連続平和講座、『平和学をはじめよう』第4回

2004年6月22日

箕面市立中央生涯学習センター
「非暴力プログラム アレン・ネルソンと子どもたち―アレンさんからのメッセージ―」 ファシリテーター、通訳兼講師、企画:中央大津エリア、主催:生活共同組合コープしが、中央大津エリアセンター、協力:立命館大学平和ミュージアム館長安斎育郎 2004年2月28日 大津市生涯学習センター
「芸術と平和――トランセンドの視点から――」 日本学術会議 平和問題研究連絡委員会(第19期)第2回委員会 2004年1月28日 日本学術会議第2部会議室
「情報コミュニケーションII」(3年1組)のための特別講義 主催:兵庫県立播磨南高等学校、『高大連携プログラム』 2003年12月19日 兵庫県立播磨南高等学校
「平和学と人権――トランセンドの視点から――」 神戸女学院大学人権教育研究会第1回人権教育研究会 2003年12月11日 神戸女学院大学
「紛争転換と芸術の役割」 チャリティー・ラリー 2003年9月19日 アピオ大阪
「想像力・創造力を鍛える!―平和の文化創造―」  ちゃやまちロータリークラブ 2003年9月1日 阪急インターナショナルホテル
「平和の文化創造と紛争転換」 主催:大阪市立弁天町市民学習センター、市民セミナー『平和学をはじめよう』第4回 2003年7月8日 大阪市立弁天町市民学習センター
「平和への道、平和の文化創造と紛争転換」 大阪大学講座『Lectures for Peace』第5回講師  2003年5月15日 大阪大学豊中キャンパス
『子どものための平和学習会』 日本キリスト教団芦屋三條教会 2002年12月29日~2006年7月23日(15回) 芦屋三條教会
「ヴァージニア・ウルフの今日性を平和学から考察する―『三ギニー』を中心に―」 日本ヴァージニア・ウルフ協会 第22回全国大会、IIIシンポジウム「Globalization, Nationalism, Englishness―ウルフを通して見えてくるもの―」 2002年10月19日 和洋女子大学
「平和のために学問ができること、なすべきこと」 主催:日本科学者会議大阪支部、「ちょっと遅めの夏の学校」 2002年10月12~13日 泉州銀行たんのわ寮
「ガルトゥングのトランセンドメソッド入門」  日本平和学会秋季研究大会 平和教育コミッション 2001年1月17日 立命館大学国際平和ミュージアム
「平和教育実践報告:平和学関連のセミナー/ワークショップを通して」 日本科学者会議第13回総合学術研究集会『人間と地球の未来を考える』科学の世紀への転換と科学者の責務
第一分科会「21世紀に向けて平和の文化を築く」(1.2)平和教育実践
2000年12月23日 関西大学千里山キャンパス
「芸術(文学など)の平和における可能性:想像力と創造力」 企画:日本平和学会 主催:財団法人大学セミナー・ハウス、『第184回大学共同セミナー:平和の文化の担い手になろう―戦争と暴力の世紀を越えるために―』 2000年10月27~29日 東京八王子市大学セミナー・ハウス
『平和学入門:身近なところから平和を考える』 日本キリスト教団芦屋三條教会 1999年7月4日~2006年7月23日(28回) 芦屋三條教会
「『コリオレーナス』における平和学の可能性」 関西シェイクスピア研究会1999年6月例会  1999年6月27日 大手前女子学園 
「『マクベス』を平和学で読む」 第23回神戸女学院大学英文学会   1998年12月11日 神戸女学院大学
「平和博物館における芸術の役割」 第3回世界平和博物館会議(日本大会) 『平和の展示:世界平和のために博物館ができること』 1998年11月8日 大阪国際平和センター
「平和教育における芸術の役割」 神戸女学院大学美学研究会  1998年7月18日 神戸女学院大学
「英語による大学の平和教育」 第26回全国平和教育シンポジウム第八分科会 大学における平和教育 (主催:日本平和教育研究協議会、後援:広島県教育委員会・広島市教育委員会) 1998年6月28日 広島市袋町小学校
「平和教育における文学:芸術の可能性」 日本平和学会春季研究大会平和教育コミッション 1998年6月14日 明治学院大学 

メニューへ戻る

学術研究に関わる受賞

受賞名 受賞年
   
   
   

メニューへ戻る

学術研究に関わる補助金名等

研究テーマ 期間 研究補助金名

「ヴァージニア・ウルフのテキストに見るウィリアム・シェイクスピアのテキストから受けた影響について」 

2004(平成16)年度 大阪私立短期大学協会 教員個別研究助成金

メニューへ戻る

社会的活動

2006年11月24~25日‥‥非暴力平和隊・日本(NPJ)・非暴力平和隊・コリア(NPC)第1回交流ミーティング企画・参加、場所: 大韓民国、ソウル、ハンベク教会セミナールームなど、主催:非暴力平和隊・日本、非暴力平和隊・コリア

2006年10月20~22日・・・ヨハン・ガルトゥング博士講演会「もう1つの東アジア共同体を求めて」、Trainers’Trainingワークショップ企画・運営・ファシリテーション、主催:トランセンド研究会、講演会については協力:京都YWCAほーぽのぽの会、場所:大阪クリスチャン・センター・大阪女学院大学

2006年7月28~29日・・・・・・・・・デイヴィッド・グラントによる非暴力ワークショップ企画・運営・通訳、「暴力のない社会をめざして:非暴力ワークショップ」、主催:非暴力平和隊・日本(NPJ)、場所:大阪クリスチャン・センター・大阪女学院大学 
2005年4月22日~2006年11月15日(7回)・・・・・・・・・・・・・・・・・・『トランセンド関西ミーティング』企画
       トランセンド研究会関西グループ主催
(於:大阪女学院大学)
2004年10月15日~2005年11月25日(9回)・・・・・・・・・・・・・『ほんわかミーティング』企画、非暴力平和隊・日本&トランセンド研究会協力、場所:大阪女学院大学
2000年11月24~26日・・・ヨハン・ガルトゥング博士ワークショップ・講演会を企画・開催、主催:平和の文化をきずく会・トランセンド研究会、後援:帝塚山学院大学国際理解研究所、場所:大阪女学院短期大学(協賛)、同時に、Trainers’Training(訓練者養成のための特別個人ワークショップ)を企画・参加
 その他、平和・人権関連の英語による講演会等の通訳ボランティア多数(例:RAWAと連帯する会主催、RAWA(アフガニスタン女性革命協会)のメンバー、アルン・ガンディ氏、アレン・ネルソン氏)、また、最近は同時に学生のための通訳トレーニングの機会をつくっている。
 その他、多数

メニューへ戻る