パーソナルツール
現在の場所: ホーム 教育研究 教育内容 バングラデシュプロジェクト 2nd chapter 疑問に対する応答
編集操作

2nd chapter 疑問に対する応答

2nd chapter 疑問に対する応答

2nd chapter 疑問に対する応答

「大学で英語を学ぶ学生として、国際的な視野から社会にお返しできる有意義な方法はないのだろうか」

「謝恩会廃止」

アンケートを実施して学生の意識調査を行いましたが、賛否両論、半々の回答を得て結論は先送りとなりました。世界に目を向けることの意義を伝え、ビラや掲示による啓発活動の後、2度目のアンケート調査を実施し、過半数の賛同を得て、謝恩会の廃止を決定。海外支援のための募金活動を学内で展開し、一人2,000円の募金を呼びかけることとなりました。

「国際社会に向けて“感謝の気持ち”を発信」

募金は集まりましたが、では、実際にどのようなかたちで社会に恩返しするのか。国際社会に私たちが返せることは何なのだろう。さまざまなアイディアが学生の中から出ましたが、思案した結果、貧困に苦しむアジアの国への支援、という方針に早々に固まりました。