パーソナルツール
現在の場所: ホーム 教育研究 教育内容 バングラデシュプロジェクト Last chapter 新たな相互協力
編集操作

Last chapter 新たな相互協力

Last chapter 新たな相互協力

Last chapter 新たな相互協力

現地でのフィールドスタディ

バングラデシュプロジェクトが始まって10年目、子ども病棟建設の費用を全額提供できたことによって当初の目的は一応完了しました。それを一つの区切りとし、チョードリー院長を迎えて記念講演を開催。プロジェクトのきっかけとなった学生との懇談会を再び実施しました。
また、大学スタッフと行ったコンサルテーションでは、これまでの10年間の歩みと今後の相互協力への取り組みについていろいろな意見交換がなされました。

その中から生まれてきたのが、授業科目「地域研究(バングラデシュ)」の開講でした。

受入れ施設の関係上、派遣できる学生は1回について10名程度と人数に制限があったものの、病院側の全面的な協力を得て、現地にフィールドスタディとして学生を送り出すようになりました。

バングラデシュの文化や歴史、人びとの生活など、さまざまな予備知識を事前学習した最初の学生10人は、1999年1月21日、バングラデシュは首都ダッカの地に降り立ちました。