パーソナルツール
現在の場所: ホーム 教育研究 イベント関連 和解への対話'08
編集操作

大学開放プログラム

の概要を掲載しました
開放プログラム 中面

2008年度(第四回)「和解への対話東アジアに聴く・視る・識る」

私たち一人ひとりは、それぞれの「学校」から何を伝えられ、
それがどのように今の私の心に生きているのでしょう。
どう私を生かしているのでしょう。
異郷の地に建てられた民族的な学校は在日の人々に、
はたまた日本の学校は在日の人々に、
何をどう伝えて来たのでしょう。
今年度はテーマを『学校』とし、
日韓それぞれの映画作品を取り上げ、
講演・トークセッションなどを展開します。

多くの方々のご参加を心からお待ちしています。

news

2009.1.21 ポスター、チラシデータを更新いたしました。

新聞記事

新聞記事

記事のイメージをクリックすると拡大します(pdf)

Vol.1 「講演と上映」 【終了いたしました】

2009年2月14日(土)開演13:00

講演:
氷上 信廣氏(麻布中学・高等学校 校長)
上映:
『二十四の瞳』木下 惠介監督(1954年 156分)
解説:
栗坪 良樹氏(青山学院女子短期大学 教授)
講演スケジュール(予定)
12:30 開 場

13:00 開 演
主催者挨拶
13:10 講 演(70分)
氷上 信廣氏
14:20 休 憩(10分)

14:30 解 説(20分)
栗坪 良樹氏
14:50 上 映(156分)
『二十四の瞳』
17:30 終 了


Vol.2 「上映」 【終了いたしました】

2009年2月21日(土)開演11:00

われらの歪んだ英雄ウリハッキョ
上映:
『二十四の瞳』木下 惠介監督(1954年 156分)
『われらの歪んだ英雄』朴 鐘元監督(韓国 1992年 119分)
『ウリハッキョ』金 明俊監督(韓国 2006年 131分)
解説:
栗坪 良樹氏

講演スケジュール(予定)
10:30 開 場

11:00 上 映1
『われらの歪んだ英雄』(119分)
13:00 休 憩(30分)

13:30 上 映2
『ウリハッキョ』(131分)
15:45 解 説(20分)
栗坪 良樹氏
16:05 休 憩(10分)

16:15 上 映3
『二十四の瞳』(156分)
19:00 終 了


Vol.3 「講演とトークセッション」 【終了いたしました】

2009年3月1日(日)開演13:00

講演:
尹 相仁氏(漢陽大学教授)
トークセッション:
氷上 信廣氏 尹 相仁氏
康 玲子氏(小学校非常勤講師) 栗坪 良樹氏
講演スケジュール(予定)
12:30 開 場

13:00 開 演

13:05 講 演(70分)
尹 相仁氏
14:15 休 憩(10分)

14:25 トークセッション(90分)
康玲子氏、氷上信廣氏、尹相仁氏、栗坪良樹氏
15:55 閉会挨拶

16:00 終了


講師紹介

氷上 信廣(ひかみ のぶひろ)
氷上 信廣(ひかみ のぶひろ)

1945年神戸生まれ。早稲田大学政治経済学科卒業。同大学院政治学研究科修士課程終了。ドイツマールブルグ大学(哲学科)に留学。1974年私立麻布中学・高等学校社会科・公民科の教師を経て2003年より同校校長。総合的学習の授業「一緒にものを考える」を担当。1976年より毎年夏、沖縄宮古島にあるハンセン病療養所を訪問。同所にて青年たちと合宿し入所者と交流するグループ「南風(パイカジ)の会」代表。

栗坪 良樹(くりつぼ よしき)
栗坪 良樹(くりつぼ よしき)

青山学院女子短期大学教授。1940年旧満州奉天(現・瀋陽)生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学大学院文学研究科修了。
著書に『親ばなれ子ばなれ-寺山修司と家族プログラム』『横光利一』『寺山修司論』『私を語れ、だが語るな』『子どもたちは今を生きのびられるか』等、編著に『現代文学鑑賞辞典』『寺山修司』『開高健』等多数

尹相仁(ユン サンイン)
尹相仁(ユン サンイン)

1955年韓国群山生まれ。1983年西江大学韓国文学科卒業。 1991年東京大学大学院比較文学比較文化専門課程博士課程卒業(学術博士)、ロンドン大学客員研究員。2005年京都国際日本文化研究センター外国人研究員。
1994年漢陽大学文科大学助教授をへて現在同大学教授。著書『世紀末と漱石』(岩波書店  1994 サントリー学芸賞)訳書『韓国の近現代文学』(法政大学出版局、2001)など多数。

康玲子(カン ヨンジャ)
康玲子(カン ヨンジャ)

在日朝鮮人(韓国籍)2.5世。小学校非常勤講師。京都市人権文化推進懇話会委員。元・京都市外国籍市民施策懇話会委員(2001.5~04.3.)。メアリ会(京都・在日朝鮮人保護者有志の会)代表。
小・中・高校の教職員研修会等で、また児童・生徒対象の人権学習の時間に、在日朝鮮人問題についての講演を続けている。著書『私には浅田先生がいた』(三一書房、在日女性文芸協会主催「賞・地に舟をこげ」第一回受賞)他。


定員300名:参加無料

全プログラムとも 事前の申込が必要です。

申込方法

代表者の郵便番号、住所、TEL、氏名、年齢、参加希望人数と、Vol.1~3のどのプログラムへの参加希望か(複数記入可)を明記し、(株)読売連合広告社宛てに下記のいずれかでご応募ください。

〔ハガキ〕

〒530-0055 大阪市北区野崎町5-9
(株)読売連合広告社「大阪女学院大学 大学開放プログラム」係

〔FAX〕

06-6367-8250

〔インターネット〕

専用応募フォーム からお申し込みください。

申込締切 発表

Vol.1は2月5日(木)、Vol.2は2月12日(木)、Vol.3は2月19日(木)必着です。折り返し招待状をお送りします。応募者多数の場合は抽選となりますので、予めご了承ください。当選の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。

お問い合わせ

TEL:06-6367-8221(土・日・祝を除く午前10時から午後5時)

  • *募集の際に収集した個人情報は、招待状の発送にのみ使用いたします。
  • *止むを得ない事情により、プログラム・出演者等は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

コメント

コメントをおよせ下さい。
こちらをクリックするとメールソフトが起動します

会場

大阪女学院 ヘールチャペル 大阪クリスチャンセンター

>>アクセスはこちら

主催

大阪女学院大学

協力

京都シネマ

作品提供

松竹株式会社 Dae Dong Heung Up Co., Ltd. 『ウリハッキョ』北海道自主上映実行委員会

後援

読売新聞大阪本社 駐日韓国大使館 韓国文化院 大阪府教育委員会 大阪市教育委員会