パーソナルツール
現在の場所: ホーム 教育研究 教授・准教授・専任講師 紹介 K 黒澤 満 KUROSAWA,Mitsuru 教員の研究活動および社会的活動のご紹介
編集操作

教員の研究活動および社会的活動のご紹介

最終変更日時 2007年04月23日

著訳書

     
 Nuclear Disarmament in the Twenty-First Century Hiroshima Peace Institute 2004年 単著
軍縮国際法 信山社 2003年5月31日 単著
軍縮をどう進めるか 大阪大学出版会 2001年7月20日 単著
核軍縮と国際平和 有斐閣 1999年10月30日 単著 
The Pacific Triangle--The United States, Japan and Canada at Century's End Univrsity of Toronto Press 1998年 共著

メニューへ戻る

学術論文

タイトル 掲載誌 発行年月日 単著・共著の別
核兵器のない世界のビジョン  阪大法学  2008年11月  単著 
核兵器の廃絶と通常兵器の軍縮  平和憲法の確保と新生 2008年11月  単著 
 軍縮における国際機構の役割 国際機構と平和 2008年11月   単著 

New Vision towards a World Free of Nuclear Weapons

Osaka University Law Review 2008年2月 単著

軍縮国際法ー国際法学からの軍縮の分析

阪大法学 2007年3月 単著
Japan's View on Nuclear Weapons 国際公共政策研究 2006年9月 単著
2005年NPT再検討会議と核軍縮 阪大法学 2005年8月 単著
Moving beyond the Debate on a Nuclear Japan Nonproliferation Review 2004年12月 単著

メニューへ戻る

その他の著作

タイトル 発行所 発行年月日 単著・共著の別
 北東アジア非核地帯構想 朝日新聞  2008年12月  単著 
 新公開の外交文書 朝日新聞  2008年12月  単著 
 Arms Control and Disarmament Treaties Encyclopedia of Violence  2008年10月  単著 
 核廃絶への具体的措置 共同通信  2008年8月  単著 
 米印進む核協力 朝日新聞  2008年8月  単著 
 核軍縮に関する国際情勢(13) 平和の風  2008年6月  単著 

NPT再検討プロセスへの日本の貢献

外交青書2008  2008年5月  単著 
 軍縮・平和 imidas e Library  2008年3月  単著 

 核軍縮・不拡散体制の維持・強化

世界と議会 2008年2月 単著

 軍縮・平和

imidas  2006年11月 単著
 絡み合う中東の核 外交フォーラム 2006年7月 単著
 国際法から核兵器を考える 平和文化 2004年3月 単著
 国際の平和と安全をいかに促進するか 阪大NOW 2001年2月  単著

メニューへ戻る

口頭発表

発表テーマ 団体名 開催日 場所
 2010年NPTへ 非核の政府を求める会  2008年12月  東京 
現在の国際安全保障環境と核軍縮  日本国際問題研究所  2008年11月  東京 
 US-India Nuclear Deal Finalized

NHKテレビ NHK World 

2008年10月  東京 
 核軍備管理・軍縮 日本国際問題研究所  2008年9月  東京 
米印原子力協力協定  NHKテレビ BS-1  2008年9月  東京 
 2010 NPT Review Confernce UN Conference on Disarmament Issues  2008年8月  さいたま 
 被爆記念日によせて NHKラジオ  2008年8月  東京 
 NPT and beyond:2010 Review Conferenc  Keio University and Universty of Toronto  2008年7月  東京 
 Preparatory Commitee for the 2010 Conference CSCAP Study Group on WMD  2003年5月  Vietnam 
 Japan's Nuclear and Security Policy University of Tampa  2003年5月  京都 
 核兵器のない世界に向けて IPPNW大阪府支部  2008年3月  大阪 
軍縮と国際法  大阪大学  2008年2月  大阪 
 核軍縮の歩みと今後の展望 京都フォーラム  2008年2月  京都 
 核をめぐる国際情勢 長崎市平和推進専門会議  2008年1月  神奈川 

NPT: Preparing for 2010

Monterey Insitute of International Studies 2007年12月 Monterey, CA, U.S.

Japan's Nuclear Policy

University of British Columbia

2007年11月 Vancouver,Canada
New Vision towards a World Free of Nuclear Weapons United Nations 2007年8月 札幌
視点・論点:核軍縮をどう進めるか NHK 2007年8月  東京
Nuclear Program of DPRK and Iran United Nations 2007年6月 さいたま
核不拡散体制の現状と課題 国際安全保障学会 2006年12月 横浜
Nuclear Issues in Notheast Asia University of Tampa 2006年10月 Tampa, Frolida, U.S.
Nuclear Disarmament at the 2005 NPT Review Conference Pugwash Conference 2005年7月 広島

メニューへ戻る

学術研究に関わる受賞

受賞名 受賞年

 足達峰一郎記念賞

1987年
   
   

メニューへ戻る

学術研究に関わる補助金名等

研究テーマ 期間 研究補助金名

 ポスト冷戦期における「レジーム」の機能の再検討:核不拡散を事例として

平成18-19年度 科学研究費補助金
人間の安全保障と国際的な制度化 平成12-14年度 科学研究費補助金
生物兵器テロに関する包括的研究 平成11-13年度 科学研究費補助金

メニューへ戻る

社会的活動

核不拡散条約再検討会議日本政府代表団顧問、1995,2000,2005,2007年

長崎市平和推進専門委員会委員、1997年から現在

財団法人核物質管理センター理事、1999年から現在

メニューへ戻る