パーソナルツール
現在の場所: ホーム 教育研究
編集操作

教育研究への取り組み

教育研究への取り組み 中面

教育研究への取り組み

このサイトは、大阪女学院がおこなっている、教育活動および研究活動の特色を、紹介するサイトです。


lead1.jpg

取組名称: 英語を教育言語とする学士課程教育の展開 

h2lead.jpg

取り組みの概要

急速なグローバル化・情報化が一層進む世界において、大学は国際通用性のある高い質を保証する教育を求められている。

「人格形成」という普遍的目的を大学教育の基礎として保持しながら、高い専門性を持った人材の育成を目指す意において、従来の「学部教育」は「学士課程教育」として捉え返されることとなった。
本取組は語学力の技能や知識の習得のみを目的にするのではなく、また従来の学部教育の観念にとらわれない新しい視点で、教養教育、専門教育及び英語教育を統合・融合させた教育プログラムである。

21世紀の人類的課題を学びのコンテンツとする教養教育及び国際通用性のある専門的能力と専門実務能力の獲得を目指す専門教育は、共に英語を教育言語として展開される。

さらに、学習支援センターの常設等体系化された多様な支援体制を整備し、知識基盤社会の進行に対応する大学教育を展開し効果を上げている。

image.jpg

文部科学省が実施する、優れた大学教育改革プランに対する各種支援プログラムの中でも、特にこの「特色GP」は具体的な教育成果を上げていることが選定の条件となっています。
開学間もない本学において、教養教育・専門教育・語学教育の各面における学生の学習成果が次の指標により示したデータにより著しいことが認められたものです。

  • 海外提携校での専門教育課程における評価
  • 海外インターンシップにおける職務能力への評価
  • 他の大学・大学院の平均を大きく上回る英語運用力
  • 英語による専門分野での論文作成やプレゼンテーション能力


lead2.jpg

取組名称:大学における英語教育と教養教育の統合

取り組みの概要

本取組は、教養教育(人格教育)と英語教育を統合し、グローバル化する現代社会に積極的に関わろうとする人間の育成のために、知的レベルでの英語によるコミュニケーション能力を獲得することをねらいとしている。

現代の世界/社会に関わる諸問題を、学科目として四つのコア群に編成し、4技能を統合し、コンテンツベースの「英語で学ぶ」学習課程を展開している。テキスト/教材は、大阪女学院短期大学で開発、編成され、あらかじめ設定された授業内容、授業展開方法及び評価方法で、統一された授業を実施している。

教育効果は、学生による達成度評価や標準テストなどによって確認されており、学生に一定の達成感や満足感を与え、また英語運用能力が一定の伸びを示していることが分かる。さらに、学生が、この教育課程によって促された問題意識の立ち上がりから、国内外の四年制大学の多様な学問領域への編入を果たしていることも、本取組が学生の学習姿勢と学習動機を豊かにしていることを示している。