学生・市民対話シリーズ4 『社会的課題の解決』
「国際協力をビジネスの力で:ソーシャル・ビジネスとその支援」

講座開催

2022年10月15日(土)16:00-18:00

場所:大阪女学院大学・大阪女学院短期大学
参加費:1000円(学生無料)

エシカル(倫理的な)という言葉が、様々な分野で浸透しつつあり、そのムーブメントは、ビジネスにも大きな波を起こしています。国連でSDGs(持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)が宣言されたのは2015年。その12番目には「つくる責任、つかう責任」がありますが、それより数年も前に、「エシカル x リュクス」で国境と消費者の架け橋になる、魅力的なブランドが生まれていたのをご存じでしょうか。代表でデザイナーの鮫島弘子氏によって、設立された「andu amet」は「世界一の革」と称されるエチオピア・シープスキンと、日本の職人と同じレベルの技を持つ、現地の職人から作られます。エチオピアの革が、欧米ブランドに買い占められ、フランスやイタリアの革となり売られる現実。エチオピアの人々の自立に繋がらない状況を打破しようと、SDGsもエシカルもまだ一般的でなかった10年前も前に、デザイナーの鮫島氏はエチオピアの職人によるラグジュアリー・ブランドバッグの工房を立ち上げました。第1部では、その起業家精神と今話題の「エシカル・ビジネス」の可能性について、鮫島氏より惜しみなくご経験をお話頂きます。第2部では、起業家支援・金融分野の専門家もお招きし、学生2名とのパネルディスカッション形式で、起業やクラウド・ファンディングと通じた支援など、ビジネスを通じた新たな国際協力について学びを広げる予定です。エシカルであることで、隣の人の幸福が、自分の幸福と実感できる世界へ。コロナ禍だからこそ、さらに「世界は全て繋がっている。繋がる必要がある」と感じたというandu amet 代表兼デザイナー鮫島弘子氏のご協力を得て、企画から2年以上を経てこの秋、対面形式でのWilmina公開講座が実現します。 是非ふるってご参加ください。お待ちしております。

第一部 講演 16:00~17:00 

〜国際協力をビジネスの力で〜
『andu ametが目指す エシカル×ラグジュアリーなファッションビジネス』(60分)

鮫島弘子

株式会社andu amet代表取締役。ファウンダー・デザイナー。JICAボランティア、CHANEL株式会社等を経て、2012年株式会社andu ametを日本に、2015年atelier andu amet P.L.Cをエチオピアに設立。世界最高峰のレザーと称されるエチオピアシープスキンを贅沢に使用した、バッグやファッションアイテムを手がける。現在はエチオピアをベースに、アフリカ各国を飛び回る日々。APEC Young Innovator Award、カルティエ チェンジメーカーオブザイヤー、日経ウーマンオブザイヤー特別賞等受賞。カンブリア宮殿、ワールドビジネスサテライト等出演。

 

 

andu amet
アフリカの雄大な自然やカルチャーにインスピレーションを受けたユニークなデザインと、触れた瞬間幸せになる極上のエチオピアシープスキンの風合い、そして目には見えない製造工程の美しさをも追求するエシカルなコンセプトが特徴のレザーファッションブランド。食肉の副産物を原料とし、環境に配慮された工場でなめされたレザーを使い、次世代のフェアトレードを目指して設立されたエチオピアの直営工房にて、日本の技術を受け継いだ現地職人たちがすべてハンドメイドで製作しています。
http://anduamet.com

第二部 パネルディスカッション・質疑応答 17:10~18:00 

  • パネリスト:鮫島弘子さん(株式会社andu amet代表取締役)
  • 小谷健太郎さん(日本政策金融公庫 神戸支店 中小企業事業 副事業統轄)
  • 大阪女学院大学・短期大学 学生2名
  • ファシリテーター: 船越多枝(大阪女学院大学 准教授)